私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

「商談開始(=買付申込)から売買契約締結」

2017年08月10日

金子です。

『商談開始(=買付申込)から売買契約締結』」をご説明していきたいと思います。

 

買付申込、建物状況調査実施時期の検討、既存住宅売買瑕疵(かし)保険付保の検討

買付申込というのは、「この条件であれば買っても良い」という意思を売主に伝える為の書面になります。

現在(2017年)の日本の不動産業界では、取引に際して建物状況調査を実施すること自体がレアケースですので、通常の取引では、単に「この物件をいくらで買いたい。契約日、引渡しは○日が希望」程度の内容です。

本来であれば、買付け申込前の建物状況調査実施、遅くとも契約締結前の建物状況調査実施をお勧めしたいところですが、良い物件の場合には「建物状況調査申込→(1週間程度)→現地調査実施→(1週間程度)→調査結果報告(※))」の間に、他の買い手がついてしまうことも多くある為、実務上は、「契約前の建物状況調査実施を条件とした買付」という手段を用いたり、場合によっては、「売買契約後の建物状況調査実施」とせざるを得ない状況も生じます。

リニュアル仲介のエージェントは、一般的な不動産会社の方よりも、建物のことについて熟知しておりますので、内見後のエージェントの説明を踏まえて、建物状況調査実施を後回しにするかたもいらっしゃいます。

もちろん、エージェントだけでは判断がつかない部分がある物件の場合には、きちんとそのようにお客様にお伝えし、専門家(建築士且つ所定の資格を有する者)による建物状況調査実施をお勧め致します。

建物状況調査の時には、床下や小屋裏の点検も行ないます。

よくあるトラブルが、「お金を払って建物状況調査を依頼し専門会きてもらったものの、床下・小屋裏の点検口が無い物件で、結局調査ができなかった」というものです。

このようなことを避けるために、内見の時には、点検口の有無を必ず確認しておくようにしましょう。

また、中古住宅用の「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」を付保したい場合には、“その検査を行うことができる資格を持った人”にも建物をみてもらう必要があります。

建物状況調査を行なう人が、この検査を行う資格を持っていることもあれば、もっていない場合もあります。後者の場合には、二人がその建物を見ることになるわけですね。

※「報告書」省略の方法

上記の報告は「報告書」ができるまでという意味で書いていますが、タイミングよく建物状況調査実施日にお客様も立会うことができれば、調査終了後に建築士から「この物件は雨漏りも傾きもない健全な状態ですが問題ありません」といったような説明を受けることもできます。

この説明をもって売買契約に踏み切ったとすると、上記説明の内、1週間程度は短縮できることとなります。

以上、金子でした。

わからない点があればお気軽にご連絡ください。

合わせて読みたいオススメの記事

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

2018.04.08

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

こんにちは。金子です。2018年4月7日(土)に埼玉会館にて無料セミナー/個別相談会「実家の継ぎかた、継がせかた~あなたの実家が空き家に!?~」を開催いたしました。当日はたくさんの方がご来場くださり、誠にあり…...

平成30年地価が発表されました!

2018.04.06

平成30年地価が発表されました!

     こんにちは、大内です。少し遅れましたが、不動産におおきなかかわりのあるニュースがございました。国土交通省から、平成30年3月27日に、平成30年の地価(1月1日時点)が公示されま…...

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

2018.04.04

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

         こんにちは、大内です。今回のテーマは、住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのことです。その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注…...

カテゴリー


ページの先頭へ戻る