私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

「知らないと数百万損する!? 売出価格と成約価格の差」

2017年12月14日

中古の不動産市場は、最初に売り出した時の「売出価格」と
実際に成約に至った時の「成約価格」の間に乖離が見られます。
売りに出しているエリアやタイミング等個々の要因によって差はありますが、
その乖離率は、昨今では平均で約5%~10%近くになっています。

2014年頃まで遡ると、「売出価格」と「成約価格」の乖離が少ないことが分かります。
直近のものが下記の資料。


例えば、
「過去の成約事例を見ると、○○万円になりそうですが、
売却期間に余裕があるので、少し高めから出して様子を見てみましょう!」

「過去の最高単価と同じ価格で売り出してみて、様子を見ながら下げてみましょう!」

など・・・

仲介業者は、過去の最高単価で売り手に高く売れる可能性を夢見させる場合もあれば、
現実的な想定成約価格を提示して「この価格以上なら売ってしまいましょう」
と迫る売り手の仲介業者もいます。
要は売り手には相場をきちんと教えてくれる人がいるが、
買い手にはきちんと教えてくれる人がいないことが多いというのが問題なのです。


一般的に仲介会社も買い手についた場合、
買い手が内覧する物件を全部査定する習慣はほぼありません。
買い手の仲介は成約すれば手数料が入るが、
買い手が満足するまで割安で買えることに
積極的に動いてくれるところは残念ながら少ないのです。

もっとひどい事情を言ってしまえば、
一見さんで知識のない顧客には、不動産会社からすると
情報格差を活かしてうまいこと成約させてしまった方が楽なので、
お客様にきちんと相場等をお教えしようとする気持ちは生まれないのです。
買い手の仲介業者は価格が下がれば、自分の手数料も下がるだけですし、
結果的に、買い手は無防備な状態で判断を迫られており、
これでは市場で食いものにされやすい弱者と言えるでしょう。


だから、何の知識武装もすることなく、不動産ポータルサイトに
「広告」を出している売主側の仲介業者に行ってしまっては、
「相場」より高く買ってしまう事にもなりかねません。
あなたの味方になってくれる専門家(エージェント)と
家探しをするという事が非常に大切になってきます。


弊社では、内見して「買っても良いかも・・・」という物件に出遭った段階で、
買付申込みをする前に、棟内マンション過去の成約事例、周辺の類似成約事例、
周辺の現在の売出し状況を鑑み、具体的に価格の妥当性の検証を行っています。

気になる物件が出てきた場合、弊社のエージェントと内見する。
そして、買おうかどうかという段階では、より具体的な成約事例、
周辺相場を踏まえて価格の妥当性を個別に検証し、価格交渉を行っていく。

こういうプロセスを踏んでいけば、高値買いしてしまうリスクもかなり減ります。

なんとなく自己判断で家探しをするのではなく、
良いエージェントと一緒に探していく。
そんなお住まい探しのかたちを提案します!

合わせて読みたいオススメの記事

私道にまつわるトラブルとは?

2018.06.22

私道にまつわるトラブルとは?

      こんにちは、大内です。今日はひさびさに天気も良く、朝出社まえに布団をほしてきました!じめじめした布団では我が家のちびっこがかわいそうですから♪ちなみに、みなさんもご…...

図面の見方?

2018.06.18

図面の見方?

          こんにちは、大内です。6月も中旬になりいよいよ梅雨が本格化してきますが、くどいようですが皆様体調管理には気を付けてください。毎回ブログでこの…...

引越しと固定資産税通知

2018.06.16

引越しと固定資産税通知

            こんにちは、大内です。関東地方は梅雨に入ってしばらくたちますが、寒暖の差が激しく、風邪をひきやすい状況だと思います。我が家の4…...

エアコンを隠ぺい配管にすると、どんなメリット・デメリットがあるの?

2018.06.01

エアコンを隠ぺい配管にすると、どんなメリット・デメリットがあるの?

           こんにちは、大内です。いよいよ今日から6月になりました。衣替えでクールビズスタイルにしようかと思いましたが、意外と涼しかったので明日か…...

空家管理

2018.05.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は当社の方で加盟しているNPO空家空地管理センターの空家管理について。管理方法は大きく分けて2種類あります。・100円管理月1回の巡回管理家の外側から目視で問題がないかチェッククレ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る