私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

いよいよ「捨てる街」選びが始まった!

2016年03月07日

 

今後の資産価値を左右する「居住誘導区域」とは?

平成28年2月15日、多くの人は関心がないであろう、でも今後の住宅資産を考える上で非常に重要な出来事がありました。
大阪府箕面市で全国初となる立地適正化計画が策定されたのです。

立地適正化計画とは、 「都市再生特別措置法」の一部改正(平成26年8月施行)により市町村が策定できることになった計画で、地方部においてはコンパクトシティ化を促して、人口密度を維持し、市街地の空洞化を防止する一方、都市部や大都市近郊においても、人口が減少する地区や高齢化が進む地区への対応が必要なことから、生活サービス機能を計画的に配置していくことを目指すものです。

立地適正化計画では緩やかに住民の居住エリアを誘導する「居住誘導区域」や商業施設などを誘導する「都市機能誘導区域」が設定されます。
「居住誘導区域外」で一定規模以上の住宅開発を行う場合、役所への届出が必要となり、当然のことながら「居住誘導区域外」の住宅は今後資産価値を大きく棄損する恐れがあります。

 

立地適正化計画は宅建業法で説明が義務づけられる重要事項ではないので、住宅を購入する際には、検討エリアの都市計画をよく調べる必要があります。

立地適正化計画は平成27年12月末時点で220団体が取り組みを始めています。
http://www.mlit.go.jp/toshi/city_plan/toshi_city_plan_fr_000051.html
これから家を買う方はもちろん、すでに家を持っている方にも影響する重要な制度ですので、地域の自治体の都市計画を注意深く確認したいところです。

合わせて読みたいオススメの記事

空家管理

2018.05.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は当社の方で加盟しているNPO空家空地管理センターの空家管理について。管理方法は大きく分けて2種類あります。・100円管理月1回の巡回管理家の外側から目視で問題がないかチェッククレ…...

個別相談のご訪問に行ってきました。

2018.04.24

個別相談のご訪問に行ってきました。

   こんにちは、くさの工務店の金子です。 今日は空家管理の事や境界杭がなくて不安を感じてらっしゃるお客様の個別相談に行ってきました! 現在、空家は役所で管理しているのですが、契…...

空家管理

2018.04.20

空家管理

こんにちは、金子です。今日は当社の方で加盟しているNPO空家空地管理センターの空家管理について。本日、担当している南区の物件の管理をしてきました。  管理方法は大きく分けて2種類あります。・100円…...

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る