私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

いよいよ鉄道が廃線になる時代に突入!

2016年09月08日

 

広島県三次市と島根県江津市を結ぶJR三江線(108.1キロ)について、JR西日本は1日、9月末までに全線廃止を国土交通省に届け出ると表明した。
三江線は1975年に全線開通。国交省によると、JR発足後、100キロを超える鉄道の全線廃止は本州で初めてだそうです。
いよいよ鉄道が廃線になる時代に突入しました。

JR西日本は「地域のニーズに合致しておらず、利用者の減少に歯止めがかかっていない」などと説明し、代替の交通手段が確保され次第廃止する意向を示しました。代替交通にはバスを想定し、JR西として初期投資の全額と一定期間の運営費を負担する考えだそうです。

沿線6市町でつくる「三江線改良利用促進期成同盟会」の景山良材会長(島根県美郷町長)は「残念だが、受け止めざるを得ない」「第三セクター方式などによる鉄路存続は自治体の財政的負担が重く、バスへの移行が現実的だ」と説明されたようです。

人口減少に起因する問題には出口がありません。ひたすら縮小均衡の路線を探るしかないのです。利用者が減れば当然鉄道も維持できません。代替交通とされるバスがどれくらい維持できるのかも不透明です。

住宅購入と人口動向は切っても切れない関係にあります。人がいなくなる街を選択してしまうと、バスがなくなり、鉄道すら危うくなります。自治体は道路やトンネルなどのインフラを維持することすらままならなくなります。

利便性の低下が人口減少に拍車をかけ、行き着く先は街の破たんです。当然ながら人がいない街にある家の資産価値は一般に評価してもらえないでしょう。
※不動産はいらなくなったからといって捨てることができないので、誰も住まないのに維持費や税金だけ発生する「負動産化」してしまうのです。

人口減と急激な高齢化はここ5年~10年で様々な問題を顕在化します。多くは資金不足から「捨てる街」選びが着実に進行します。
住み慣れた街だから、生まれ育った街だからといった個人的な感覚で街選びをしてしまうと、大変な状況に追い込まれるかもしれません。

家探しで一番重要なのは立地です。将来に渡って人が集まる立地なのか?是非とも冷静にご判断いただきたいと思います。

合わせて読みたいオススメの記事

空家管理

2018.09.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は空家管理の看板について。  弊社で管理している物件には基本的にこのような看板をつけています。このような看板をつけている事によって、ここは空家だと知られてしまいイタ…...

10/14に空家・空地セミナーを開催します

2018.09.18

10/14に空家・空地セミナーを開催します

現在空き家を所有している、将来相続する家があるが、住む予定がない、など空き家、空地の問題と、それに関わる相続についてポイントを絞り解説いたします。お悩みごとのある方は、個別相談会も開催しますので、お…...

ハザードマップの活用法

2018.09.18

ハザードマップの活用法

こんにちは、大内です。昨日9月17日は敬老の日でした。いままでは特に何もしてこなかったんですが、今回はたまたま花屋さんの前で敬老の日フェア的なことをやっていたので、お花を買って帰りました。我が家は2…...

住宅性能表示制度について

2018.09.13

住宅性能表示制度について

こんにちは、大内です。ここ何日か涼しい日が続き、過ごしやすく寝やすい日々が続いています。ただ、例年この時期に油断して風邪をひくことが多く、さっそく妻からも気を付けるように言われました、、、皆様も季節…...

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

2018.09.10

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

こんにちは、くさの工務店の橋本です。本日は川口市エリアの新築戸建をご紹介いたします。こちらの物件は只今、手数料サービス実施中更に価格交渉致します!!JR武蔵野線「東川口」駅まで徒歩約4分ご家族とくつろぐ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る