私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

この土地、すごく安いのはお得なの?それとも?

2018年01月06日

土地探しをしていて、近くのほかの土地と比べて、
格段に安いものを見かけたことはありませんか?

かといって、何か問題があるようでもない・・・陽当りもよさそうだし、
きれいな整形地で・・・もしかすると、それは、借地かもしれません。

住まいを借りるように、土地を借りることもできます。
土地代が安くすみますので、もっといい条件の住まいにできるかも?
このとき、いくつか注意事項がありますのでおさえておきましょう。
まず、家賃同様、毎月地代を支払います。また、契約期間満了後は更地にして返還する条件が付いていることもあります。



通常の売買は「所有権」のやりとりですが、
借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権です。
地上権とは、権利を登記でき、地主の承諾なしに借地権の売却や転貸が可能です。
一方、土地の賃借権は民法上の債権にあたり、登記を地主から拒否されたり、
承諾なしに、売却や転貸はできません。建替えにも承諾が必要で、承諾料を支払うのが一般的です。(木造などの非堅固造で2~5%程度、RC造などの堅固造で10%程度)

また、借地権には昔からある旧法借地権と、平成4年に施行された新借地借家法に基づく普通借地権、定期借地権の3種類があります。そのうちの多くは旧法が適用される借地権です。

これは、借地期間が木造などの非堅固な建物は最低20年かつ、賃貸の契約は地主側にそれを継続しない正当な事由がない限り自動的に更新されるため、借り手は継続して土地を利用できます。

しかし、定期借地権は、契約期間満了後に、建物を取壊して更地に戻し土地を返還しなければなりません。契約更新や建物の築造による存続期間の延長がなく、買取請求をしない旨を定めることができるので、地主側にとっては安心して貸せるのです。
この点は販売図面に必ず記載されますので、しっかりと確認をしましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

2018.11.22

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺言書には、「揉めないため」という意味と、「お子様や相続人の方へ感謝…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る