私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

もし直下型地震が発生したら・・検討エリアの被害想定を事前に確認しておこう!

2017年04月22日

 

購入検討しているエリアの災害危険度を自分でも確認できるサイトがいくつかあります。

 

本日は、中でも「直下型地震」が発生した場合どうなるか、シミュレーションできるサイト

 

「あなたのまちの直下型地震」を紹介します。

 

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

 

このサイトは、文科省の「都市災害プロジェクト」の一環として作られたシミュレーションマップで、

 

京都大学防災研究所巨大災害研究センターが作成しました。

 

震源地や規模、発生する季節や時間帯を設定し、その場合に想定される震度や被害状況、

 

ライフラインの復旧状況などをシミュレーション、図化して見せてくれるという優れものです。

 

設定をすると「震度」、「建物の倒壊確率」、「火災発生確率」、「死亡確率」、「停電日数」、

 

「ガス停止日数」、「断水日数」、「下水道支障日数」が順々に計算され、地図で示されていきます。

 

最後に自分が知りたい場所のそうした情報を知ることができるようになっているのがポイント。

 

地図上でのクリックで場所を指定するようになっているので、購入を検討している地点や、

 

自分の家のある地点、または自分の職場を指定すれば震度はもちろん、被災後の生活状況まで想定できます。

 

首都圏については関東直下北西縁断層帯地震、立川断層帯地震、伊勢原断層帯地震、蘇秦西部直下、

 

川崎市直下、羽田空港直下、東京湾北部地震など18の震源が用意されており、

 

どこで起きるかで被害の様相が変わることも理解できます。想定される巨大地震を選択するだけでなく、

 

自分で任意の場所と深さに震源を設定し、細かいシミュレーションを地図上に表示することもできます。

 

まずは、今住んでいる自分の家、職場、そして購入検討しているエリアもシミュレーションしてみよう!

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

 

合わせて読みたいオススメの記事

図面の見方?

2018.06.18

図面の見方?

          こんにちは、大内です。6月も中旬になりいよいよ梅雨が本格化してきますが、くどいようですが皆様体調管理には気を付けてください。毎回ブログでこの…...

引越しと固定資産税通知

2018.06.16

引越しと固定資産税通知

            こんにちは、大内です。関東地方は梅雨に入ってしばらくたちますが、寒暖の差が激しく、風邪をひきやすい状況だと思います。我が家の4…...

エアコンを隠ぺい配管にすると、どんなメリット・デメリットがあるの?

2018.06.01

エアコンを隠ぺい配管にすると、どんなメリット・デメリットがあるの?

           こんにちは、大内です。いよいよ今日から6月になりました。衣替えでクールビズスタイルにしようかと思いましたが、意外と涼しかったので明日か…...

空家管理

2018.05.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は当社の方で加盟しているNPO空家空地管理センターの空家管理について。管理方法は大きく分けて2種類あります。・100円管理月1回の巡回管理家の外側から目視で問題がないかチェッククレ…...

個別相談のご訪問に行ってきました。

2018.04.24

個別相談のご訪問に行ってきました。

   こんにちは、くさの工務店の金子です。 今日は空家管理の事や境界杭がなくて不安を感じてらっしゃるお客様の個別相談に行ってきました! 現在、空家は役所で管理しているのですが、契…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る