私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

もし直下型地震が発生したら・・検討エリアの被害想定を事前に確認しておこう!

2017年04月22日

 

購入検討しているエリアの災害危険度を自分でも確認できるサイトがいくつかあります。

 

本日は、中でも「直下型地震」が発生した場合どうなるか、シミュレーションできるサイト

 

「あなたのまちの直下型地震」を紹介します。

 

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

 

このサイトは、文科省の「都市災害プロジェクト」の一環として作られたシミュレーションマップで、

 

京都大学防災研究所巨大災害研究センターが作成しました。

 

震源地や規模、発生する季節や時間帯を設定し、その場合に想定される震度や被害状況、

 

ライフラインの復旧状況などをシミュレーション、図化して見せてくれるという優れものです。

 

設定をすると「震度」、「建物の倒壊確率」、「火災発生確率」、「死亡確率」、「停電日数」、

 

「ガス停止日数」、「断水日数」、「下水道支障日数」が順々に計算され、地図で示されていきます。

 

最後に自分が知りたい場所のそうした情報を知ることができるようになっているのがポイント。

 

地図上でのクリックで場所を指定するようになっているので、購入を検討している地点や、

 

自分の家のある地点、または自分の職場を指定すれば震度はもちろん、被災後の生活状況まで想定できます。

 

首都圏については関東直下北西縁断層帯地震、立川断層帯地震、伊勢原断層帯地震、蘇秦西部直下、

 

川崎市直下、羽田空港直下、東京湾北部地震など18の震源が用意されており、

 

どこで起きるかで被害の様相が変わることも理解できます。想定される巨大地震を選択するだけでなく、

 

自分で任意の場所と深さに震源を設定し、細かいシミュレーションを地図上に表示することもできます。

 

まずは、今住んでいる自分の家、職場、そして購入検討しているエリアもシミュレーションしてみよう!

http://www.drs.dpri.kyoto-u.ac.jp/amcj/index.html

 

合わせて読みたいオススメの記事

新年のご挨拶申し上げます

2019.01.04

新年のご挨拶申し上げます

新年、明けましておめでとうございます。皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年も不動産にまつわる事で皆様のお力になれるように社員一同一丸となりサービス向上に尽力…...

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る