私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

やっぱり怪しい?「仮登記」のホントのところ

2017年08月18日

金子です。

あまり耳慣れない言葉ですが、不動産の登記には「仮登記」という方法があります。

以前ニュースでもありました、積水ハウスの63億円不動産詐欺被害のケースでも、この「仮登記」が使われたようです。

通常、不動産を購入すると登記記録の名義を書き換えますが、これを「登記」と言います。

一方で、「購入したけど書類が足りない」、「売買契約の予約をした」という場合に利用されるのが、「仮登記」です。

登記には「先に登記をした方が優先する」というルールがあります。

例えば、悪い売り主が、Aさんに売りますと言い、一方でBさんにも売りますと言って、2人から売買代金を受け取ってしまう場合です。

法律上は、最終的に所有権を取得できるのは登記を先にした方、というルールになっております。

登記が後になってしまった人は、所有権を取得できませんので、売買代金の返還を売り主に求めることになります(もちろんその頃には、売り主は海外逃亡しており、たいてい連絡はつきません)。

このルールがあるため、確実に所有権を取得したい場合には、書類が揃う前や、売買契約の予約をしたタイミングで仮登記をしておき、順位を確保しておく、というニーズがでてきます。

仮登記をしておけば、書類が揃ったタイミングや、予約権を行使して契約が成立した場合に「本登記」をすることが可能です。

こうして、先順位としての権利を保護することができるのです。

ただし、実際には仮登記の利用は普及していません。

売り主が不動産詐欺を計画していそうな人物であれば、そんな不動産に手を出すべきではありませんし、取引の日に書類が揃っていなければ、取引自体を延期すべきです。

仮登記をしなければならない状況とは、売り主の信用状態が低い、もしくは、書類が揃ってなくても何としても手に入れたいくらい「お得な」物件、という状況です。

この場合の「お得」とは、値段が安いだけの何らかの理由がある、という意味です。

通常のお住まい探しで仮登記と出くわすことはないと思いますが、もし購入を検討されるお住まいの登記記録に「仮登記」があった場合には、すぐにエージェントに相談しましょう。

ご不明な点はご遠慮なく金子まで。

合わせて読みたいオススメの記事

物件紹介 大宮区櫛引町

2018.08.21

物件紹介 大宮区櫛引町

こんにちは、くさの工務店の橋本です。今日は大宮区にあります新築戸建のご紹介になります。全2棟、価格が4580万円・4980万円の大宮駅から徒歩15分の物件となります。リビングも広々の19.75帖、18帖でインテリアを…...

浦和エリアのおすすめのラーメン屋さん

2018.08.20

浦和エリアのおすすめのラーメン屋さん

 こんにちは、くさの工務店の金子です。 浦和エリア担当の金子が、浦和の美味しいお店をご紹介いたします。少し気温が下がり、場所によっては肌寒いところもあると思います。そんなとき、金子はラーメン…...

2018 年7月度の不動産相場♪

2018.08.19

2018 年7月度の不動産相場♪

こんにちは、大内です。突然ですが、昨日の甲子園での高校野球は見られましたでしょうか?熱戦、大逆転に全力校歌!、本当に一生懸命な姿には心うたれます。わたしも40を超えてしまったからなのか、まあ涙もろくな…...

古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

2018.08.18

古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

こんにちは、大内です。お盆も終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?わたしは、奥様がほとんど仕事だった関係であまり長期休暇の感じもせず、早朝ゴルフにいったくらいでした、、、ちなみに奥様は9…...

贈与しても不動産取得税がかかる?

2018.08.12

贈与しても不動産取得税がかかる?

こんにちは、大内です。お盆に入りましたが、まだ仕事の方、お休みの方それぞれいらっしゃるかと思いますが、わたしは今日まで仕事です!明日13日から16日までお盆休みをいただいております。遠出の予定はあり…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る