私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

コーポラティブハウスをご存知ですか?

2018年01月20日

最近ドラマなどで話題の「コーポラティブハウス」という言葉を聞いたことのある方もいるかもしれません。入居希望者が集まって組合をつくり事業主となって、土地購入をはじめ設計、建築まで業者に依頼するなど、全てを行う集合住宅です。今、少しずつ人気が出てきているようです。

大まかな流れは下記になります。

1.計画立案と参加者の募集
コーポラティブハウスを運営する不動産会社が、土地をどこにするか、どんな設計にするかのプランを立て、説明会を開催して、そこに住んでみたいというお客様を募集します。

2.組合の設立
購入希望者により「建設組合」を結成し、設計および施工を発注します。。

3.住まいを自由に設計
自分が居住する部屋は、設計者と直接打合せて、希望に合わせて設計します。
ここで間取りのほか、壁や床の部材、水回りの設備も決められます。

4.引渡し
希望通りに完成しているか確認後、引渡しになります。

これら全般にわたって不動産会社がサポートを行います。

メリット

・自由に設計できる
注文住宅同様に「自由」に設計可能です。

今まで、希望通りに建てるには、一戸建ての注文住宅しかありませんでしたが、コーポラティブハウスもまた、建築前の設計段階から希望を相談できるのです。

・価格がはっきりしている
一般的な分譲マンションは、敷地の価格や建設費用が実際にはいくらかわかりません。しかし、コーポラティブハウスは、購入者が主体であり、全ての費用が明白です。

また、購入する人が先に決まっており、広告費など余分な費用がなく、より合理的な価格となります。

・住民の一体感
コーポラティブハウスは購入者全員で意見を出し建物を建築するため、完成前からある種の仲間意識ができ、入居後のご近所付き合いに反映します。

デメリット

分譲マンションは、一般向けのスタンダードな仕様のため、将来売却する場合、買い手が見つかりやすくなります。しかし、コーポラティブハウスの場合は、こだわりが主張する設計が可能なために、かえって、売れにくいことも。あくまで一般的なマンションとの比較であり、一戸建ての注文住宅もまたそうですから、それほどのデメリットではないでしょう。

合わせて読みたいオススメの記事

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

2018.04.08

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

こんにちは。金子です。2018年4月7日(土)に埼玉会館にて無料セミナー/個別相談会「実家の継ぎかた、継がせかた~あなたの実家が空き家に!?~」を開催いたしました。当日はたくさんの方がご来場くださり、誠にあり…...

平成30年地価が発表されました!

2018.04.06

平成30年地価が発表されました!

     こんにちは、大内です。少し遅れましたが、不動産におおきなかかわりのあるニュースがございました。国土交通省から、平成30年3月27日に、平成30年の地価(1月1日時点)が公示されま…...

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

2018.04.04

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

         こんにちは、大内です。今回のテーマは、住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのことです。その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注…...

カテゴリー


ページの先頭へ戻る