私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

タイトル未設定

2016年07月28日

images

みなさんこんにちは、橋本です♪

 

先日に引き続き、工法について触れたいと思います。

一戸建ての建築方法には、木造以外の方法もあります。

軽量鉄骨造がその代表です。

ほかに、重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造というものもあります。

それらにはどんな長所があるのか解説したいと思います。

 

在来工法が木の柱と梁を組み合わせて造るが、木の代わりに鉄の柱と梁を組み合わせるのが軽量鉄骨造です。

 鉄骨と鉄骨はボルト締めで接合します。

この接合方法が溶接になり、鉄骨が太くなると「重量鉄骨造」と呼ばれます。

より頑丈な構造ですが、一般の住宅に採用されることは希です。

軽量鉄骨造で、十分に頑丈なつくりとなります。

軽量鉄骨造は、かつてプレハブと呼ばれた時代がありました。

工事現場の宿舎や資材置き場として使われる仮設の建物といえば、その姿が頭に浮かぶでしょう。

あの建物が軽量鉄骨造の原点です。

現在の軽量鉄骨造は、骨組みが仮設の建物よりずっと頑丈になり、床や壁が断熱材入りで分厚くなりました。

外見も住み心地も木造住宅と変わらなくなり、「プレハブ」という名前を使わなくなっています。

プレハブには"仮設"のイメージがあり、実情にそぐわないからです。

軽量鉄骨には大きな長所があります。

例えば、骨組みが鉄骨なので、湿気で腐ることがありません。

錆止めをしっかり行えば、寿命が長いのです。

地震の揺れにも強いです。

一方で、鉄には熱で変形しやすいという短所があるのですが、外壁や屋根に熱に強いセラミックなどを使うことで、この弱点をクリアできます。

阪神・淡路大震災では、焼け野原になった火災現場で軽量鉄骨造の家だけが残った写真が写真雑誌に掲載され、それがきっかけで売上を伸ばしたという事実もあります。

 

もうひとつ、一戸建てを建設する方法として鉄筋コンクリート造があります。

マンションと同じ工法で一戸建てを建設してしまうわけです。

その長所はとにかく頑丈であること。

100年に及ぶ耐用年数も不可能ではなく、3階建て以上の高さも、地下室も実現します。

一方で、ネックになるのは建設費の高さでしょう。

ハウスメーカーの製品であればそれほどでもないが、注文住宅で建設しようとすると、建設費は木造の2倍程度です。

地下室を設けたりすると、さらに2倍でつごう4倍になります!

ちなみに、アメリカのビバリーヒルズに建設される有名人の邸宅は、鉄筋コンクリート造で地上1階(つまり平屋)地下室付きになるのが普通です。

やっぱりお金を持っている人は違いますね(笑)。


次回は、「地震に強い構造」についてお話ししましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

人口が減った自治体ランキング

2019.07.18

人口が減った自治体ランキング

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  東洋経済に面白い記事が掲載されていました。この3年「特に人口が減った」自治体…...

室内にウッドデッキ!目からうろこのDIY術

2019.07.17

室内にウッドデッキ!目からうろこのDIY術

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  久々のDIYネタです。モノづくりが好きで、下手の横好きでいろいろ手を出してい…...

北浦和駅徒歩3分 シェアオフィスのご紹介

2019.07.16

北浦和駅徒歩3分 シェアオフィスのご紹介

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。 本日のコラムは、北浦和徒歩3分シェアオフィス内の共有トイレをご紹介致します!&nbs…...

資産価値の残るマンションの見極め方 ~マンション管理士という国家資格~

2019.07.16

資産価値の残るマンションの見極め方 ~マンション管理士という国家資格~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  マンション管理のスペシャリスト「マンション管理士」マンション管理士という…...

中古住宅購入時のリフォーム費用は住宅ローンに一本化する?!

2019.07.15

中古住宅購入時のリフォーム費用は住宅ローンに一本化する?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  本日は表題の件について、解説したいと思います。まずはリフォームを行う際に…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る