私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

ホールダウン破断の衝撃

2016年06月22日

6月号の日経ホームビルダーは耐震に携わる者にとって衝撃的なタイトルでした。

今回の熊本地震での被害状況を調べたところ、ホールダウン金物が破断している物件があったそうです。
ちなみにこの建物は2001年完成ということで、耐震としては現行法と言われる2000年基準以降の建物でした。

ホールダウン金物というのは、柱と土台、基礎を緊結する金物で、地震動によって発生する柱の引き抜けを防止する目的で設置されます。
柱が引き抜けて倒壊すると、1階だけが倒壊し、2階が上に乗るという崩れ方になります。
阪神淡路大震災でも見られた倒壊で、柱の引き抜け防止対策として、2000年6月からは適切な金物を使用することになりました。

細かな原因追及は今後の課題となるのでしょうが、個人的には2000年基準の建物でも被害が出たことに驚きを隠せません。

詳細は是非記事をご覧いただきたいのですが、破断したホールダウン金物は25kN用(非常に強い)で、それを上回る地震動だったというよりは、当該箇所に引抜け力が集中するような設計だったのではないかと推測します。

建築基準法や性能表示制度で建物の強さを示すものさしは存在します。しかし、それはあくまでものさしでしかなく、結局のところその建物にとって最適な状態なのかが問われるのだと思います。
こういった震災が発生すると、いたずらに強くすればいいと考える方も多いようですが、まずは基準が示す強さを発揮できる施工なのか、また、バランスの良い設計になっているのか、基準を超えた高いレベルでの判断が求められるのかもしれません。

今回の震災では建物の性能について多くの貴重な教訓が得られると思います。その教訓を活かして来るべき次の災害に備えたいと思います。

合わせて読みたいオススメの記事

~新築現場レポート~さいたま市 T様邸 基礎工事 その3

2019.02.21

~新築現場レポート~さいたま市 T様邸 基礎工事 その3

まだまだ続く基礎工事今回もT様邸の現場は基礎工事が続いています。耐圧部分のコンクリートを打ち込んでいます。 コンクリートが流し込まれて安定すると、いかにも「基礎」ができている感じになりますね!しっかり…...

鉄骨造の家といってもいろいろあります。

2019.02.21

鉄骨造の家といってもいろいろあります。

鉄骨造の家について  鉄骨造の家とは、「steel(鋼鉄)」の略でS造とも呼ばれており、骨組みに鉄骨を使用して作られたものをいいます。数としては鉄骨造りの家が少ないですが、鉄骨には厚さ6mm以下の鋼材を…...

知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識

2019.02.20

知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識

住宅購入をした後に「なんとなくゴチャゴチャしていてインテリアが決まらない!」「シンプルな家具を選んだのになぜか落ち着かない」と悩んでいる方が多くいます。実は私も自宅の「カラーコーディネイト」で失敗し…...

冬の寒さ対策は窓ガラスから♪

2019.02.19

冬の寒さ対策は窓ガラスから♪

窓のガラスは1枚?2枚?皆さんこんにちは。いきなりですが皆さんが毎日生活しているその家の窓ガラス、一枚ガラスじゃないですか?というのも、家の中を快適な温度に保つために重要なのが窓ガラスだということを知…...

引っ越し費用あなたはいくら払いますか?費用を抑える裏ワザが…必見!!

2019.02.18

引っ越し費用あなたはいくら払いますか?費用を抑える裏ワザが…必見!!

引越し費用を抑えるには? 住宅購入したら次に行うのは引っ越しです。そして、ファミリーとなるとやはり業者にお願いするのが主流かと思います。※友人などに頼むのは、費用も労力もかかるのでやめましょう。(…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る