私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

不動産にとって、1年のスタートは1月?それとも4月?

2018年01月24日

不動産関連で1年とうと、「年」か「年度」のどちらなのか、という問題があります。

例えば、固定資産税の納税通知書は「平成30年度」で作成されますが、その所有者(=納税者)は1月1日時点を基準に決定されています。

4月1日に、すでに売却されていても、1月1日に所有者だった人に新年度の納税通知書が届くのです。
「年度」なのに1月1日を基準するのは、ちょっと違和感がありますね。

実際の取引では、旧所有者に納税通知書が届くため、残代金を支払う時に売買代金とあわせて固定資産税等も清算します。

また、この清算の日割りですが、関東では1月1日~12月31日の1年間、関西では4月1日~翌年3月31日の1年間を基準に日割り計算をします。

(例えば、9月1日が引渡しだと、関東では4か月分、関西では7か月分を清算します)

法律上の決まりはないため、清算の起算日は売買契約書で合意がなされます。

ほかの各種税制も注意が必要です。

細かい、ちょっとお得になるような条件、たとえば住宅ローン控除の限度額・期間、登録免許税の優遇、贈与税の非課税枠等、時限立法のために適用できる日時に期限のあるケースがあります。

消費税の税率変更も、金額が大きいので影響がありますね。

こうしたものは、たいてい「減税は平成〇年3月まで」など、「年度」が基準のものがほとんどです。

来年度の各種税制も、年末に税制改正大綱が発表されています。

年、または年度の変わり目は、ほんの数日の違いでも、金額が大きく変わることもあります。
時限的な減税措置は、延長がなされるかどうかも気を付けておくといいでしょう。

合わせて読みたいオススメの記事

贈与しても不動産取得税がかかる?

2018.08.12

贈与しても不動産取得税がかかる?

こんにちは、大内です。お盆に入りましたが、まだ仕事の方、お休みの方それぞれいらっしゃるかと思いますが、わたしは今日まで仕事です!明日13日から16日までお盆休みをいただいております。遠出の予定はあり…...

浦和エリアのおすすめのお店

2018.08.06

浦和エリアのおすすめのお店

こんにちは、くさの工務店の金子です。 浦和エリア担当の金子が、浦和の美味しいお店をご紹介いたします。今回は夏の定番の「うなぎ」です!浦和といえば、うなぎが有名で駅前にはやなせたかし先生デザインの…...

Youtubeにてwebセミナーを開始しました

2018.08.05

Youtubeにてwebセミナーを開始しました

こんにちは、くさの工務店の金子です。 本日、相続のセミナーをYoutubeにアップしました。    相続のことなら、くさの工務店の金子まで! ...

所有者不明の土地

2018.08.04

所有者不明の土地

こんにちは、大内です。今日は、さいたま市の隣の戸田市では恒例の夏の花火大会が開催されます。毎年夜に会社から見ていましたが、今年は天気もよさそうなのでよく見れそうです(半端なく暑いですが、、、)わたしの…...

マンションの構造、S造、RC造、SRC造の違いは!?

2018.08.03

マンションの構造、S造、RC造、SRC造の違いは!?

 こんにちは、大内です。今日も暑く、京都では40度にもなっているようで、毎日暑いですね、、、本当に熱中症には気をつけたいところです。さて、今回のテーマは、マンションの構造、S造、RC造、SRC造の違いは!?…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る