私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

不動産業界の新常態(ニューノーマル)を探る?!

2017年10月16日

こんにちは、大内です。

今回のテーマは、

不動産業界の新常態(ニューノーマル)を探る?!

です。

先日、弊社にて「家を買うなら知っておきたい情報セミナー」という消費者向けのセミナーを開催させていただきました。

そのような中、少人数の会でもありましたので、セミナー後は多くのご質問をいただきました。

ちなみに、ご参加いただきました方のアンケート結果は下記の通りです。

「(セミナー前に資料請求をいただいた方の参加)資料だけではだけではわかりにくかった事もお話をお聞きし、よく納得が出来ました。

購入の流れなどもよく分かったので、まずは加盟店さんに行ってみようと思いました。新築も視野に入れていましたが、主人とも話し合って、より賢い選択が出来たらいいなあと思います。(A様)」

「中古の選び方、買い方について、ためになる情報が得られて良かった。なぜ、中古で買えば資産価値がさがりにくい物件なのか、仕組みの話が聞けて良かった。家を買うことでローンを組み、負債をおうイメージでしたが、選び方、リフォームのやり方によって、資産価値が残り、売る等の選択肢を増やす事ができるものだと思った。(B様)」

現在、日本の人口減少が一段と深刻になってきています。

1年間に生まれてくる子供が100万人を割り込む一方、死亡者は130万人に迫っています。

減少が顕著な地方都市などは近未来の縮図であると言われ、これから不動産をお求めいただく上において、人口減少時代を生き抜く中で新常態(ニューノーマル)がありそうです。

総務省によると、1月時点の日本人の総人口は約1億2558万人であり、約5年間で110万(約1%減)任減少したようです。

管理の手間などから親族が亡くなっても相続登記がされない不動産も多く、放置されたままの不動産が多くなっています。

全国の土地の約2割は所有者不明となっており、頭を抱える自治体も増えてきています。

地方の秋田や青森では5年間の減少率が4%を超えているようです。

東京都足立区でも15年度に実施した調査で2350棟が空き家だったようで、これからこのような状態が増えてくると言われていますので、困ったものです(不動産業界の新常態(ニューノーマル))。

その為、これからの住宅購入は立地にこだわり、いつ何時でも「貸せたり、売れる」物件を購入する事が重要です。

これからは人口減が常態化し、その中で不動産を購入するという状況ですので、不動産購入を検討される方は、この機会に「家を買うなら知っておきたい情報セミナー」に参加してみてはいかがでしょうか?

弊社では2か月に1回程度の頻度で浦和駅周辺で開催しております。

次回開催予定が決まりましたら、すぐにお知らせさせていただきます。

ではまた♪

 

合わせて読みたいオススメの記事

1坪はなぜ、3.3平方メートルになったのか?

2018.11.10

1坪はなぜ、3.3平方メートルになったのか?

 こんにちは、大内です。先日インフルエンザワクチン接種を受けてきました。毎年受けていますが、今年は例年よりも早めに言った方が良いと妻からいわれていたので、行ってきました。年々インフルエンザ流行時…...

お客様のピアノの売却のお手伝い

2018.11.10

お客様のピアノの売却のお手伝い

こんにちは、くさの工務店の金子です。 昨日はお客様のピアノの売却のお手伝いに行ってまいりました。お天気は雨模様でしたが、ピアノを搬出するときには雨が上がっていました。  さて、ピアノの様…...

中央区新中里の新築戸建のご紹介

2018.11.06

中央区新中里の新築戸建のご紹介

こんにちは、くさの工務店の金子です。本日は中央区エリアの新築戸建をご紹介いたします。大戸小学校・与野南中学校の学区エリアの新築戸建てです。JR埼京線「南与野駅」、JR京浜東北線「北浦和」駅2沿線利用可能…...

土地を購入して家を建てる場合は、想定外の費用に気を付ける!

2018.11.04

土地を購入して家を建てる場合は、想定外の費用に気を付ける!

こんにちは、大内です。11月になり肌寒い日も続いておりますが、皆様は風邪などひいていませんでしょうか?我が家では4歳と1歳の子供が交互に風邪をひく時期が来たなあと戦々恐々としております、、、体調管理に…...

相続税の2割加算について

2018.10.28

相続税の2割加算について

さいたま市の相続アドバイザー くさの工務店の金子です。前回の続きで相続税の2割加算について簡単におさらいすると、一親等以外の方が相続する場合、その税額に対して税金が2割加算されてしまうということです。…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る