私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

不動産用語。「セットバック」とは?

2019年03月03日

さいたま市南区、緑区、浦和区の不動産のくさの工務店です。

今日は不動産用語のセットバックについて。

 

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。

建築基準法では、原則として、前面道路の幅員が4m以上ない場合、建物の建築が認められません。

そして、道路の幅員が4mない場合には、建築確認を取る場合に、道路の幅員が4mになるように敷地面積を後退させられてしまいます。

これが「セットバック」です。

道路の向かい側が宅地だった場合には、自分の宅地は道路の中心線から2mになるところまでセットバックすればよいことになります。

一方で、道路の向いが崖や河川、または線路だった場合には、道路の幅員が4mになるまで一方的にセットバックしなければなりません。

状況に応じて、敷地として使える面積が大幅に変わってしまいますので、ご注意が必要です。

敷地として使える面積が減るということは、そのまま建築できる建物の面積に影響する、ということになります。

各土地には、「建ぺい率」「容積率」という定めがあります。

たとえば、「容積率80%」という規定がある土地では、100㎡の土地には80㎡の建物までしか建築できません。

そして、登記簿上は100㎡あるとなっている土地でも、「セットバック」により有効土地の面積が90㎡となってしまった場合には、建築できる建物の面積も82㎡までとなります。

8㎡減少してしまえば、5帖の1部屋分が狭くなってしまうことになります。

大きな違いになりますね。

販売チラシに「セットバックあり」との記載があった場合には、ご希望の条件を満たしているのか、注意深く調べるようにしましょう。

 

~人生に愛すべき住まいを。~
土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップで承ります。
さいたま市南区、緑区、浦和区の不動産売買は、くさの工務店にご相談ください。

合わせて読みたいオススメの記事

断熱性に優れている家

2019.08.12

断熱性に優れている家

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   断熱材が日本で使われだしたのは今から40年ぐらい前の1970年ぐらいだそ…...

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

2019.08.08

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産屋と聞いて、あまり良くないイメージを持つ方も少なくないのではないで…...

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

2019.08.08

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産適正取引推進機構が「令和元年度 宅地建物取引士資格試験」のインター…...

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

2019.08.07

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  銀行ローンの折衝というのは、微妙で複雑な関係の中で行われます。直接的には…...

中古戸建住宅購入時に把握しておきたい、耐震性能(木造戸建て)+実例紹介!

2019.08.06

中古戸建住宅購入時に把握しておきたい、耐震性能(木造戸建て)+実例紹介!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   最近、新築案件の資材の高騰の影響か、中古戸建を購入しようと思われて…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る