私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

“中古戸建の水が出ないのは当たり前”?見過ごしているとトラブルのもとに?!

2016年02月09日

水道、ガス、電気など、日本はライフラインが整備されています。ところが、不動産売買で所有権が変わる際に、思わぬトラブルの元になることも。契約時にチェックしておけば、回避できるのです。
今回は、「戸建の水道」についてご説明します。

まず“水道管が他人地を経由して引き込まれていないか”を確認します。道路の本管から物件の敷地に直接ではなく、お隣などの敷地を通過しているのは、地中であっても越境になります。上下水道の管轄役所にある埋設管図を見て、現地のマスの位置と照合してください。一般的には、宅建業者が行いますので、調べた結果を確認しておきましょう。

そして、宅内への引き込み管の太さも併せて知っておいてください。古い家では13㎜が多いです。水圧的に問題なければよいのですが、「古い平家の土地に、三階建を新築」となると、13㎜では日常使用でストレスを感じる水圧かもしれません。ところがそれを20㎜に増圧するには、本管を周辺の方々と一緒に使用していることが殆どで、みなさんの承諾がないと工事できません。敷地内の水道メーターのフタを開けると、○○㎜とありますので先に必ず確認してください。

さて、この「水道メーター」は、中古住宅を購入すれば必ずついてくるものと思っていませんか?実は、水道メーターを売主が持ち去ることもあります。敷地内へ水道を引込時、水道の加入金がかかります。口径にもよって、数十万円単位のお金がかかります。その権利を、売主が引越先で引続き使用できるように付替えるのです。もし取り外された場合、買主は新たに加入の手続きと費用を負担する必要があります。売主の転居先が同一市区町村内の必要がありますし、メーターは付帯設備ですから建物と一緒に引渡すものされているため、こうしたケースは稀ですが、それだけに見落とす危険性があります。
もし、「売主さんが近くに家を建てて転居するため売却」との情報があれば、念の為、水道の権利を引継げるかどうか確認しておきましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

2018.11.22

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺言書には、「揉めないため」という意味と、「お子様や相続人の方へ感謝…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る