私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

“中古戸建の水が出ないのは当たり前”?見過ごしているとトラブルのもとに?!

2016年02月09日

水道、ガス、電気など、日本はライフラインが整備されています。ところが、不動産売買で所有権が変わる際に、思わぬトラブルの元になることも。契約時にチェックしておけば、回避できるのです。
今回は、「戸建の水道」についてご説明します。

まず“水道管が他人地を経由して引き込まれていないか”を確認します。道路の本管から物件の敷地に直接ではなく、お隣などの敷地を通過しているのは、地中であっても越境になります。上下水道の管轄役所にある埋設管図を見て、現地のマスの位置と照合してください。一般的には、宅建業者が行いますので、調べた結果を確認しておきましょう。

そして、宅内への引き込み管の太さも併せて知っておいてください。古い家では13㎜が多いです。水圧的に問題なければよいのですが、「古い平家の土地に、三階建を新築」となると、13㎜では日常使用でストレスを感じる水圧かもしれません。ところがそれを20㎜に増圧するには、本管を周辺の方々と一緒に使用していることが殆どで、みなさんの承諾がないと工事できません。敷地内の水道メーターのフタを開けると、○○㎜とありますので先に必ず確認してください。

さて、この「水道メーター」は、中古住宅を購入すれば必ずついてくるものと思っていませんか?実は、水道メーターを売主が持ち去ることもあります。敷地内へ水道を引込時、水道の加入金がかかります。口径にもよって、数十万円単位のお金がかかります。その権利を、売主が引越先で引続き使用できるように付替えるのです。もし取り外された場合、買主は新たに加入の手続きと費用を負担する必要があります。売主の転居先が同一市区町村内の必要がありますし、メーターは付帯設備ですから建物と一緒に引渡すものされているため、こうしたケースは稀ですが、それだけに見落とす危険性があります。
もし、「売主さんが近くに家を建てて転居するため売却」との情報があれば、念の為、水道の権利を引継げるかどうか確認しておきましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

~新築現場レポート~さいたま市 T様邸 基礎工事 その3

2019.02.21

~新築現場レポート~さいたま市 T様邸 基礎工事 その3

まだまだ続く基礎工事今回もT様邸の現場は基礎工事が続いています。耐圧部分のコンクリートを打ち込んでいます。 コンクリートが流し込まれて安定すると、いかにも「基礎」ができている感じになりますね!しっかり…...

鉄骨造の家といってもいろいろあります。

2019.02.21

鉄骨造の家といってもいろいろあります。

鉄骨造の家について  鉄骨造の家とは、「steel(鋼鉄)」の略でS造とも呼ばれており、骨組みに鉄骨を使用して作られたものをいいます。数としては鉄骨造りの家が少ないですが、鉄骨には厚さ6mm以下の鋼材を…...

知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識

2019.02.20

知っておきたいカラーコーディネイトの基礎知識

住宅購入をした後に「なんとなくゴチャゴチャしていてインテリアが決まらない!」「シンプルな家具を選んだのになぜか落ち着かない」と悩んでいる方が多くいます。実は私も自宅の「カラーコーディネイト」で失敗し…...

冬の寒さ対策は窓ガラスから♪

2019.02.19

冬の寒さ対策は窓ガラスから♪

窓のガラスは1枚?2枚?皆さんこんにちは。いきなりですが皆さんが毎日生活しているその家の窓ガラス、一枚ガラスじゃないですか?というのも、家の中を快適な温度に保つために重要なのが窓ガラスだということを知…...

引っ越し費用あなたはいくら払いますか?費用を抑える裏ワザが…必見!!

2019.02.18

引っ越し費用あなたはいくら払いますか?費用を抑える裏ワザが…必見!!

引越し費用を抑えるには? 住宅購入したら次に行うのは引っ越しです。そして、ファミリーとなるとやはり業者にお願いするのが主流かと思います。※友人などに頼むのは、費用も労力もかかるのでやめましょう。(…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る