私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

中間省略登記とは?

2017年10月21日

皆さんこんにちは、橋本です♪

 

「中間省略登記」というものを聞いたことはありますか?

本来、不動産登記は、手続きの流れをそのまま公示しなければなりません。

不動産の所有権がAからB、BからCへと移転した場合には、それぞれ①AからBへの登記と、②BからCへの登記と、2段階の登記手続きが必要となります。

一方で実務上は、Aから直接C名義へ登記をしてしまうという行為が行われていました。

これが中間省略登記(中間者B名義への登記を省略する)という方法です。

中間省略登記をすると、中間者Bは登記費用や不動産取得税を節約できるというメリットがありました。

ところが、不動産登記法が改正され、この中間省略登記ができなくなりました。

登記の際に添付する書類が変わってしまったためです。

改正前の法律では、登記の際に添付する書類からは中間者の存在が明らかにならなかったため、中間省略登記であっても法務局は気付くことがなく、そのまま申請を受け付けていました。

この法改正は、中古不動産を仕入れて転売していた再販業者には大きな打撃となりました。

登記費用・不動産取得税が発生するようになってしまい、仕入コストが大幅に上昇してしまったのです。

この状況を解消するために発案されたのが民法第537条「第三者のためにする契約」を利用した新しい契約手法です。

こちらの契約手法は「新・中間省略登記」などと呼ばれることもあります。

詳細は割愛しますが、この「第三者のためにする契約」を売買契約書に盛り込むことで、中間者Bが転売した場合でも、適法にAからCへ直接登記名義を移すことができるようになったのです。

登記費用や不動産取得税などの流通コストはほぼ税金ですので、節約できるに越したことはありません。

ただでさえ専門用語が多く理解しにくい売買契約書ですが、このようにさらに特殊なケースというものもあるのです。

合わせて読みたいオススメの記事

空家管理

2018.09.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は空家管理の看板について。  弊社で管理している物件には基本的にこのような看板をつけています。このような看板をつけている事によって、ここは空家だと知られてしまいイタ…...

10/14に空家・空地セミナーを開催します

2018.09.18

10/14に空家・空地セミナーを開催します

現在空き家を所有している、将来相続する家があるが、住む予定がない、など空き家、空地の問題と、それに関わる相続についてポイントを絞り解説いたします。お悩みごとのある方は、個別相談会も開催しますので、お…...

ハザードマップの活用法

2018.09.18

ハザードマップの活用法

こんにちは、大内です。昨日9月17日は敬老の日でした。いままでは特に何もしてこなかったんですが、今回はたまたま花屋さんの前で敬老の日フェア的なことをやっていたので、お花を買って帰りました。我が家は2…...

住宅性能表示制度について

2018.09.13

住宅性能表示制度について

こんにちは、大内です。ここ何日か涼しい日が続き、過ごしやすく寝やすい日々が続いています。ただ、例年この時期に油断して風邪をひくことが多く、さっそく妻からも気を付けるように言われました、、、皆様も季節…...

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

2018.09.10

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

こんにちは、くさの工務店の橋本です。本日は川口市エリアの新築戸建をご紹介いたします。こちらの物件は只今、手数料サービス実施中更に価格交渉致します!!JR武蔵野線「東川口」駅まで徒歩約4分ご家族とくつろぐ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る