私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

住宅ローンの金利がいよいよ上昇!?日銀の利上げ時期との関係について

2017年04月25日

 

こんにちは♪ くさの工務店です♪

 

住宅ローンの借り手にとって気になるのが今後の金利動向だと思います。

 

その行方を左右するのが、日本銀行(以下、日銀)の金融政策と言われ、

 

現在、物価が上がり始めたことを受けて、専門家の間では日銀が次に政策を変更するときは住宅ローンを

 

「緩和」ではなく「引き締め」との見方が増えてきました。

 

では、どんな条件が満たされれば日銀は住宅ローンの金利を操作するのでしょうか?!

 

住宅ローン金利を銀行はどう決めているのというと、住宅ローンを組むと全期間あるいは

 

一定期間同じ水準が続く固定型の適用金利は、「長期金利」を参考としています。

 

半年ごとに水準を見直す変動型は、「短期金利」を目安としていると言われます。

 

どちらにも大きな影響を及ぼすのが日銀の現在とっている「長短金利操作政策」というものがあります。


今の誘導水準は長期金利(10年物国債利回り)がゼロ%程度、短期金利(日銀当座預金の一部金利)は

 

マイナス0.1%になっています。

 

現在、住宅ローンの金利がどうなるかと問われた場合、引き締め派が多く、

 

「次の一手は引き締め」との話が出ているようです。

 

民間エコノミストも「緩和」や「中立」よりも「引き締め」との話が多いようです。

 

その為、専門家は、日銀がまず長期金利の誘導水準の引き上げ(ゼロ金利解除)に

 

いずれ着手すると考え始めているようです。

 

また、その他の理由としては原油価格の上昇などから物価の上げ圧力がかかり始めたことも

 

「引き締め」の方向に動く理由になっているようです。

 

消費者物価上昇率(生鮮食品を除くコア)も1月はプラスに転じ、2月もプラス幅は0.2%に広がりました。

 

「秋ごろに1%程度まで拡大する」との予想が出ています。詳細については、

 

下記総務省の消費者物価指数の資料をご確認ください。

http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.htm

 

また米国の長期金利の上昇が日本の金利に上昇圧力を加えるとの見方も出てきました。

 

しかし、日銀は「2%の物価安定目標にはなお距離がある」(黒田総裁)などとして早期利上げに

 

否定的な見解を示していますので、これが正しいなら、利上げは長期間ないとの見解が

 

説得力を持ちそうだと言われています。

 

ちなみに「安定的な2%超」が実現した時期はバブル期に遡らないとなく、

 

かなりハードルが高いと言われています。

 

また、日銀は利上げをしないと約束をしたわけではありませんので、

 

今後の世界経済なども動きも加味した判断は非常に重要と言えます。

 

その為、経済・物価情勢や日銀の情報発信に注意を払いながら、

 

先行きの金利動向について判断していく必要があるようです。

 

合わせて読みたいオススメの記事

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

2018.04.08

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

こんにちは。金子です。2018年4月7日(土)に埼玉会館にて無料セミナー/個別相談会「実家の継ぎかた、継がせかた~あなたの実家が空き家に!?~」を開催いたしました。当日はたくさんの方がご来場くださり、誠にあり…...

平成30年地価が発表されました!

2018.04.06

平成30年地価が発表されました!

     こんにちは、大内です。少し遅れましたが、不動産におおきなかかわりのあるニュースがございました。国土交通省から、平成30年3月27日に、平成30年の地価(1月1日時点)が公示されま…...

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

2018.04.04

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

         こんにちは、大内です。今回のテーマは、住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのことです。その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注…...

カテゴリー


ページの先頭へ戻る