私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

営業大内の2世帯住宅体験記⑪

2015年05月25日

こんにちは、大内です。

今回は2世帯住宅のイメージについてお話しします。

二世帯住宅における「気兼ね気苦労」は過去のイメージ?二世帯同居の代表的なマイナスイメージといえば「気兼ね気苦労」でしょう。
しかし、「独立二世帯住宅」であれば「気兼ね気苦労」に配慮し、親世帯と子世帯の日常生活はきちんと分離されます。さらに現代では、「独立二世帯住宅」であっても、不在時の荷物の受け取りや、草花・ペットの世話など「必要な時はお互いに協力する」というのが一般的です。つまり、「気兼ね気苦労の緩和」と「お互いの生活のサポート」という2つの「いいとこどり」の同居生活が行われているのです。

「独立二世帯住宅」は、キッチン、浴室、玄関などのすべてが各世帯専用にあり、各世帯の生活空間が完全に独立しているのが特長です。日常的な生活は自分の世帯の中だけで済み、世帯間で共用する部分がないため、各世帯が気を使わずに暮らせます。

現代の親世帯のうち、特に1940年代生まれの「団塊の世代」は、核家族化の第一世代ということもあり、独立志向が強い傾向にあります。二世帯同居の場合にも、彼らは子世帯の独立性やプライバシーを尊重し、余計な干渉を避けたいという気持ちが強いため、「気兼ね気苦労」そのものが生じにくくなってきています。

それでも「気兼ね気苦労」を感じるなら
とはいえ、もともと家族ではない他人が1つ屋根の下で暮らすとなれば、どうしても気になる部分がでてくるかもしれません。そういった時には、「他人なのだから考え方が違うのは当たり前」と思い、世帯間・世代間の違いを受け入れてみてはどうでしょうか。お互いの違いを無理に近付け、ストレスを生むよりも、円満同居への近道になるかもしれませんね。

体験談としてお話しいたしますが、いろいろな面で助け合える2世帯住宅は、本当にすばらしいと思います!不安もあるかと思いますが、体験していることはお話しできますので、ご質問があれば、お気軽のご連絡ください♪

yjimage

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

空家管理

2018.09.18

空家管理

こんにちは、金子です。今日は空家管理の看板について。  弊社で管理している物件には基本的にこのような看板をつけています。このような看板をつけている事によって、ここは空家だと知られてしまいイタ…...

10/14に空家・空地セミナーを開催します

2018.09.18

10/14に空家・空地セミナーを開催します

現在空き家を所有している、将来相続する家があるが、住む予定がない、など空き家、空地の問題と、それに関わる相続についてポイントを絞り解説いたします。お悩みごとのある方は、個別相談会も開催しますので、お…...

ハザードマップの活用法

2018.09.18

ハザードマップの活用法

こんにちは、大内です。昨日9月17日は敬老の日でした。いままでは特に何もしてこなかったんですが、今回はたまたま花屋さんの前で敬老の日フェア的なことをやっていたので、お花を買って帰りました。我が家は2…...

住宅性能表示制度について

2018.09.13

住宅性能表示制度について

こんにちは、大内です。ここ何日か涼しい日が続き、過ごしやすく寝やすい日々が続いています。ただ、例年この時期に油断して風邪をひくことが多く、さっそく妻からも気を付けるように言われました、、、皆様も季節…...

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

2018.09.10

川口市戸塚の新築戸建のご紹介

こんにちは、くさの工務店の橋本です。本日は川口市エリアの新築戸建をご紹介いたします。こちらの物件は只今、手数料サービス実施中更に価格交渉致します!!JR武蔵野線「東川口」駅まで徒歩約4分ご家族とくつろぐ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る