私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

営業大内の2世帯住宅体験記⑪

2015年05月25日

こんにちは、大内です。

今回は2世帯住宅のイメージについてお話しします。

二世帯住宅における「気兼ね気苦労」は過去のイメージ?二世帯同居の代表的なマイナスイメージといえば「気兼ね気苦労」でしょう。
しかし、「独立二世帯住宅」であれば「気兼ね気苦労」に配慮し、親世帯と子世帯の日常生活はきちんと分離されます。さらに現代では、「独立二世帯住宅」であっても、不在時の荷物の受け取りや、草花・ペットの世話など「必要な時はお互いに協力する」というのが一般的です。つまり、「気兼ね気苦労の緩和」と「お互いの生活のサポート」という2つの「いいとこどり」の同居生活が行われているのです。

「独立二世帯住宅」は、キッチン、浴室、玄関などのすべてが各世帯専用にあり、各世帯の生活空間が完全に独立しているのが特長です。日常的な生活は自分の世帯の中だけで済み、世帯間で共用する部分がないため、各世帯が気を使わずに暮らせます。

現代の親世帯のうち、特に1940年代生まれの「団塊の世代」は、核家族化の第一世代ということもあり、独立志向が強い傾向にあります。二世帯同居の場合にも、彼らは子世帯の独立性やプライバシーを尊重し、余計な干渉を避けたいという気持ちが強いため、「気兼ね気苦労」そのものが生じにくくなってきています。

それでも「気兼ね気苦労」を感じるなら
とはいえ、もともと家族ではない他人が1つ屋根の下で暮らすとなれば、どうしても気になる部分がでてくるかもしれません。そういった時には、「他人なのだから考え方が違うのは当たり前」と思い、世帯間・世代間の違いを受け入れてみてはどうでしょうか。お互いの違いを無理に近付け、ストレスを生むよりも、円満同居への近道になるかもしれませんね。

体験談としてお話しいたしますが、いろいろな面で助け合える2世帯住宅は、本当にすばらしいと思います!不安もあるかと思いますが、体験していることはお話しできますので、ご質問があれば、お気軽のご連絡ください♪

yjimage

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

1坪はなぜ、3.3平方メートルになったのか?

2018.11.10

1坪はなぜ、3.3平方メートルになったのか?

 こんにちは、大内です。先日インフルエンザワクチン接種を受けてきました。毎年受けていますが、今年は例年よりも早めに言った方が良いと妻からいわれていたので、行ってきました。年々インフルエンザ流行時…...

お客様のピアノの売却のお手伝い

2018.11.10

お客様のピアノの売却のお手伝い

こんにちは、くさの工務店の金子です。 昨日はお客様のピアノの売却のお手伝いに行ってまいりました。お天気は雨模様でしたが、ピアノを搬出するときには雨が上がっていました。  さて、ピアノの様…...

中央区新中里の新築戸建のご紹介

2018.11.06

中央区新中里の新築戸建のご紹介

こんにちは、くさの工務店の金子です。本日は中央区エリアの新築戸建をご紹介いたします。大戸小学校・与野南中学校の学区エリアの新築戸建てです。JR埼京線「南与野駅」、JR京浜東北線「北浦和」駅2沿線利用可能…...

土地を購入して家を建てる場合は、想定外の費用に気を付ける!

2018.11.04

土地を購入して家を建てる場合は、想定外の費用に気を付ける!

こんにちは、大内です。11月になり肌寒い日も続いておりますが、皆様は風邪などひいていませんでしょうか?我が家では4歳と1歳の子供が交互に風邪をひく時期が来たなあと戦々恐々としております、、、体調管理に…...

相続税の2割加算について

2018.10.28

相続税の2割加算について

さいたま市の相続アドバイザー くさの工務店の金子です。前回の続きで相続税の2割加算について簡単におさらいすると、一親等以外の方が相続する場合、その税額に対して税金が2割加算されてしまうということです。…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る