私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

団体信用生命保険に入れない場合の注意点とは?

2017年04月04日

こんにちは、橋本です。

 

住宅ローンを組む時には、「団体信用生命保険(以下、団信)」に加入するのが一般的です。

団信に加入していると、住宅ローンがまだ残っている間に死亡等してしまった場合には保険金が支払われ、

住宅ローンがなくなります。

貸している金融機関のリスクヘッジという側面もあるでしょうし、

その家に住んでいる残された家族が、引き続きそこ住むことができるようにするという目的もあります。

銀行の住宅ローンの場合は、健康上の理由でこの生命保険の審査に落ちてしまった時には、

融資が受けられません。

一方、住宅金融支援機構の「フラット35」の場合は、団信は原則加入ですが、

加入できなかった場合でも、融資を受けることができます。

団信に加入せず融資を受けた場合には、冒頭の「住宅ローンがなくなる」ということにはならず、

相続人がその債務を引き継ぐことになります。

 

では、単身者の場合はどうなのか?

単身者の場合には、もう少し柔軟に考えることができます。

ポイントは、遺族に自分の資産を残したいか否かです。

「相続」というのは、被相続人(=亡くなった方)のプラスの財産も借金も相続することになります。

相続財産の全てを計算した結果、プラスになるのであれば相続した方が良いでしょう。

マイナスになってしまう(=債務超過)のであれば、それを相続してしまったら、

相続人が借金を返済していかなくてはいけなくなります。

このような場合は、「相続放棄」という手段があります。

相続放棄とは、法定相続人となった場合に、

被相続人が残したプラスの財産もマイナスの財産も放棄するというものです。

相続放棄するとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。

相続放棄の注意点として、相続放棄の手続きの前に、

被相続人の財産を一部でも処分や名義変更してしまったり、

被相続人の債務の返済をしてしまったりした場合には、

相続をしてしまったことになり、後から放棄することができなくなってしまいます。

万が一に備えて、この辺りは相続人になる可能性のある人たちには、説明をしておく必要があるでしょう。

また、団信に入らずに、ローンの残高があるような場合でも、相続した方が良い場合もありえます。

ローン残高は減っていきますので、万が一のタイミングによっては、放棄した方が得な場合もありえますし、

放棄せずに相続して普通に売却した方が得な場合もあり得ます。

 

このような相談も、くさの工務店ではお受けしておりますので、

お気軽にご相談ください。

合わせて読みたいオススメの記事

新年のご挨拶申し上げます

2019.01.04

新年のご挨拶申し上げます

新年、明けましておめでとうございます。皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年も不動産にまつわる事で皆様のお力になれるように社員一同一丸となりサービス向上に尽力…...

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る