私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

土地の広さが当てにならない?

2018年02月03日

「公簿売買」と「実測売買」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

戸建てや土地の契約書に書かれていることがあります。

「公簿売買」とは、公簿(=登記簿)の地積の記載を信用して行う取引を行うという契約です。

一方、「実測売買」とは、実際に測量を行い、明確な地積で取引を行うという契約になります。

ここで、『登記簿に記載された地籍も測量したものではないの?』という素朴な疑問が湧いてきます。

実は、登記簿に記載された地積は、信頼性が高くないケースもあります。

古い時代に測量された土地は、そもそも測量技術が不確かなケースや、測量自体が行われていないケースもあります。

先日、取引をお手伝いさせていただいたケースでは、測量した結果、40㎡も土地が広いことがわかりました。

これが公簿売買だったら、買主さんはとても得する話でした。

しかし、残念ながら今回は実測売買でしたので、増えた地積の分、売買価格を多く支払うことになってしまいました。

今回は実測の結果、面積が増えたケースでしたが、逆に面積が減ってしまうケースもあります。

面積が減った場合、売買価格も下がりますが、建てられる建物の広さも減ってしまうことも考えられますので、一長一短です。

購入を検討する土地について、地積の正確性を判断する方法は、法務局で「地積測量図」を取得してみることです。

地積測量図には、いつ測量されたかが記載されています。

測量日が昭和の場合には、やや注意が必要ですね。

正確な取引をする場合には、実測売買が良いと思いますが、測量の手間や費用の負担が増えますので、一概にはどちらが良いとは言えません。

購入を検討する土地がある場合には、登記簿や公図、地積測量図を良く調べて、正確な情報を確認してから購入するようにしましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

人口が減った自治体ランキング

2019.07.18

人口が減った自治体ランキング

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  東洋経済に面白い記事が掲載されていました。この3年「特に人口が減った」自治体…...

室内にウッドデッキ!目からうろこのDIY術

2019.07.17

室内にウッドデッキ!目からうろこのDIY術

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  久々のDIYネタです。モノづくりが好きで、下手の横好きでいろいろ手を出してい…...

北浦和駅徒歩3分 シェアオフィスのご紹介

2019.07.16

北浦和駅徒歩3分 シェアオフィスのご紹介

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。 本日のコラムは、北浦和徒歩3分シェアオフィス内の共有トイレをご紹介致します!&nbs…...

資産価値の残るマンションの見極め方 ~マンション管理士という国家資格~

2019.07.16

資産価値の残るマンションの見極め方 ~マンション管理士という国家資格~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  マンション管理のスペシャリスト「マンション管理士」マンション管理士という…...

中古住宅購入時のリフォーム費用は住宅ローンに一本化する?!

2019.07.15

中古住宅購入時のリフォーム費用は住宅ローンに一本化する?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  本日は表題の件について、解説したいと思います。まずはリフォームを行う際に…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る