私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

土地の広さが当てにならない?

2018年02月03日

「公簿売買」と「実測売買」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

戸建てや土地の契約書に書かれていることがあります。

「公簿売買」とは、公簿(=登記簿)の地積の記載を信用して行う取引を行うという契約です。

一方、「実測売買」とは、実際に測量を行い、明確な地積で取引を行うという契約になります。

ここで、『登記簿に記載された地籍も測量したものではないの?』という素朴な疑問が湧いてきます。

実は、登記簿に記載された地積は、信頼性が高くないケースもあります。

古い時代に測量された土地は、そもそも測量技術が不確かなケースや、測量自体が行われていないケースもあります。

先日、取引をお手伝いさせていただいたケースでは、測量した結果、40㎡も土地が広いことがわかりました。

これが公簿売買だったら、買主さんはとても得する話でした。

しかし、残念ながら今回は実測売買でしたので、増えた地積の分、売買価格を多く支払うことになってしまいました。

今回は実測の結果、面積が増えたケースでしたが、逆に面積が減ってしまうケースもあります。

面積が減った場合、売買価格も下がりますが、建てられる建物の広さも減ってしまうことも考えられますので、一長一短です。

購入を検討する土地について、地積の正確性を判断する方法は、法務局で「地積測量図」を取得してみることです。

地積測量図には、いつ測量されたかが記載されています。

測量日が昭和の場合には、やや注意が必要ですね。

正確な取引をする場合には、実測売買が良いと思いますが、測量の手間や費用の負担が増えますので、一概にはどちらが良いとは言えません。

購入を検討する土地がある場合には、登記簿や公図、地積測量図を良く調べて、正確な情報を確認してから購入するようにしましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

2018.06.24

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

こんにちは、岡田です。 家を建てる時、皆さんは何を知りたいですか?家を建てる際の流れですか? 家を建てる期間ですか? 家を建てる際のお金(費用)ですか? 家を建てる時期ですか?どれもとても大切な事で…...

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

2018.06.23

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

        こんにちは、大内です。今日は一日雨で、まさに梅雨という感じです。昨日ひさびさに布団を干しておいてよかったと思っています♪さて、今回のテーマは、「住宅ロー…...

空家管理

2018.06.22

空家管理

こんにちは、金子です。今日は弊社の空家管理について。 今日は空家管理での必須アイテムのご紹介をしたいと思います。 まず、空家を管理する時は必ず帽子とベストの着用が必要となります。そして、これ…...

私道にまつわるトラブルとは?

2018.06.22

私道にまつわるトラブルとは?

      こんにちは、大内です。今日はひさびさに天気も良く、朝出社まえに布団をほしてきました!じめじめした布団では我が家のちびっこがかわいそうですから♪ちなみに、みなさんもご…...

図面の見方?

2018.06.18

図面の見方?

          こんにちは、大内です。6月も中旬になりいよいよ梅雨が本格化してきますが、くどいようですが皆様体調管理には気を付けてください。毎回ブログでこの…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る