私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

地図に現れた「細い土地」♪

2017年10月19日

こんにちは、大内です。

今回のテーマは、

地図に現れた「細い土地」

です。

先日、取引をお手伝いさせていただいた方の物件調査をしていた際、現地と隣接した細い土地が公図上にあることを発見しました。

この土地は何でしょうか?

想定されるケースのひとつは、道路を拡幅した場合です。

建築基準法上、建物を建てるためには道路と2m以上接していないといけません。

路地状部分で道路と接している土地などは、この2mの要件を満たすために、隣地の方から細い土地を譲ってもらうことで、建物が建築できるようになり、資産価値をアップさせることができるのです。

そうなるとぎりぎり2mしか道路と接していない土地は価値としては低く見られてしまうことがおおいです。

なんといっても2mしかないと車の出し入れが大変ですから、、、

その他に想定されるケースは、越境物への対応です。

建物の庇や雨どいが隣地に越境している場合や、地中埋設管などが他人地を経由してしまっている場合があります。

そのままでは、他人の権利を侵害してしまっていたり、補修工事の際に支障が出てしまうこともあるので、その解決手段として、越境してしまっている部分や、埋設管が通っている部分の土地を細く切り離して譲ってもらうことがあります。

また、やや強引な方法ですが、土地売却の前提として、境界を確定させるために、細い土地を作り出すことがあります。

土地の境界を確定し、正確な面積を測量する場合には、隣地の方の立会・協力が必要になります。

ところが、残念ながらその協力が得られないケースもあります。

そこで、自分の土地を、売却する大きな土地と、協力を得られない隣地と接する細い土地の2筆に切り分けます。

そうすると、売却用の土地については、自分ひとりで境界を確認して測量することができるようになるのです。

残った細い土地についてはとりあえず考えないようにすることで、問題解決を先送りにする方法です。

こういったケースでは、隣地とのトラブルを内包した土地ということになりますので、購入を検討される場合には、経緯や状況の調査が必要になりますね。

地図ひとつをとっても、注意すべきポイントが見えてくる場合があります。

ご心配な点がありましたら、不動産取引に詳しいエージェントにご相談ください!

ではまた♪

合わせて読みたいオススメの記事

お祭りの季節ですね

2018.07.15

お祭りの季節ですね

こんにちは、岡田です。 3連休も弊社は営業しております。仕事中に外からお囃子の音が聞こえてきたので外に出てみるとたくさんの子供たちが御神輿をかついでいました。自分が子供の頃の事を思いだし懐かしい気…...

超重要!道路と通路の違い

2018.07.13

超重要!道路と通路の違い

 こんにちは、大内です。7月も中旬に入りいよいよ明日からは3連休ですね♪海に山にプールにいろいろとお出かけされるかと思いますが、私は仕事です、、、せめて明日の長男の1歳の誕生日会には間に合うように…...

遺留分とは?

2018.07.10

遺留分とは?

相続アドバイザーの金子です。今日は遺留分について。ちなみに遺留分は遺言書がある場合のみ出てきます。 遺留分とは相続人が相続できるものとして、民法で保障されている最小限の財産のことです。分かりやす…...

大宮区のおすすめ物件

2018.07.09

大宮区のおすすめ物件

コクーンシティのある「さいたま新都心」駅 徒歩7分にあるオススメ物件のご紹介です。さいたま市大宮区吉敷町4丁目の新築戸建です。大宮駅まで徒歩15分なので、通勤通学にも便利な立地です。さいたま新都心駅の周辺…...

さいたま市共催、埼玉県後援のもと、空家セミナーを開催します!

2018.07.07

さいたま市共催、埼玉県後援のもと、空家セミナーを開催します!

こんにちは。金子です。7月29日にさいたま市共催、埼玉県後援の下、空家セミナーを開催いたします!内容は以下の通りです。 開  催  日:7月29日(日)開催時間:<セミナー>午後2時00分~3時30分(1時半から…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る