私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

売るに売れない?不動産の共有状態とは?

2018年01月04日

不動産を売却して処分する際に、大きな問題となるのが「共有状態」です。

相続の話し合いがまとまらず、どこまでが誰のものか決まらないということなのですが、

最も困るのが、相続したまま不動産を放置して、相続人が増えすぎてしまうこと、
さらには、相続人がどこにいるかわからない、という話し合い自体が困難になっていくことです。

相続しても名義変更をせずにいると、相続人がその子、さらに孫へとどんどん増えていき、そのうちの一人でも相続人の一人が失踪して行方不明となってしまうと、遺産分割協議をしようにも、協議をする相手いないためにできなくなってしまいます。

ですから、不動産を売却するために、相続手続きをし、かつ名義変更の必要があるのです。

相続してもそのままになっていた不動産でも、突然購入希望者が見つかり、慌てて手続きをしようとしても、相続人全員の全員の実印と印鑑証明書が必要になります。ここで居場所のわからない相続人がいると、万事休すとなってしまうのです。


そんな場合に、「不在者財産管理人」制度を利用することができます。

これは、行方不明者に代わって手続きを行う管理人を、裁判所に選定してもらいます。
この管理人が代理で遺産分割協議書等へ署名・捺印をします。
(ただし、代理人ですので、行方不明者の不利になる行為はできません。)

たとえば、相続した財産を放棄することはできないので、その分の現金を管理人に預けることになります。こうして手続き上は解決できますが、この裁判所への申し立て手続きや、この行方不明の相続人の捜索など、さまざまな費用が発生し、売却費用が大きく減ってしまうこともあります。

 

不動産は「捨てる」ことができないため、相続、売却等に際しては、問題の起きないように適切な手続きをそのための知識が必要なのです。

合わせて読みたいオススメの記事

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

2018.11.22

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺言書には、「揉めないため」という意味と、「お子様や相続人の方へ感謝…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る