私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

掘り出し物物件を買いたい!どうすれば見つかるの?

2018年01月06日

「相場より格安の物件ってありますか?」

そうですね。不動産に限らず、誰でもなるべく安く買いたいものです。
でも、こでが難しいことなのです。

なぜなら、売主側はできるだけ高く売りたい思い、あえて安くするはずもありませんから、割安な物件は原則として存在しません。
とはいえ、売主様に住替えや転勤などの事情があれば、ある程度なら売ってもよい金額の目安がある場合もあります。それでも一般の方が見つけることはなかなかできません。

なぜなら、
1.本当に安い物件は、不動産会社と買取業者の間で取引が成立してしまう。

2.自社の顧客に案内し、早々に契約してしまう。

といったケースがほとんどで、表に出てこないのです。

ネット上の物件探しで、「これはお得かも」という物件があっても、「安い理由」は必ずあります。たとえば、(所有権ではなく)借地権の売買である、建物が傷んでいてリフォームに費用がかさむ)、違法建築、土地の形が変形している、陽当たりが悪い、管理費等が高い・・・などなど。買う前に気づかなければ「安いと思ったら、実は○○だった・・・」などという事態にも。

もし、安い理由がなければ、今度は即断即決が求められます。多くの購入希望者が一気に集中する中で、何度も現場を見て確認したり、それからローンの審査をしている余裕はありません。業者は即金で「仕入れ」も可能な中、初めて住宅を購入しようとする方が、その場で購入できるでしょうか・・。

そこで・・
割安な物件を探すのではなく、価値の高い物件の価格交渉をするのです。
たとえば4,980万の物件より5,280万円の物件の方が、まずもってよい物件でしょう。
交渉して5,000万円で購入できれば、よいものを安く買えたことになりませんか?

みな自分の予算があり、それを超える物件は「買えないから」と、初めから検索しない方がほとんどです。ところが値下がりで予算の範囲に入ってくると、まるで新しい物件かと思われ、問い合わせが集中し、あとは早いもの勝ちのようになってしまうのです。ですから、予算の5%ほど上の価格までみておき、私たち不動産会社に相場とのバランス確認と、価格交渉をお任せください。これこそが不動産会社を利用した、おすすめの買い方です。

合わせて読みたいオススメの記事

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

2018.04.08

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

こんにちは。金子です。2018年4月7日(土)に埼玉会館にて無料セミナー/個別相談会「実家の継ぎかた、継がせかた~あなたの実家が空き家に!?~」を開催いたしました。当日はたくさんの方がご来場くださり、誠にあり…...

平成30年地価が発表されました!

2018.04.06

平成30年地価が発表されました!

     こんにちは、大内です。少し遅れましたが、不動産におおきなかかわりのあるニュースがございました。国土交通省から、平成30年3月27日に、平成30年の地価(1月1日時点)が公示されま…...

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

2018.04.04

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

         こんにちは、大内です。今回のテーマは、住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのことです。その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注…...

カテゴリー


ページの先頭へ戻る