私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

掘り出し物物件を買いたい!どうすれば見つかるの?

2018年01月06日

「相場より格安の物件ってありますか?」

そうですね。不動産に限らず、誰でもなるべく安く買いたいものです。
でも、こでが難しいことなのです。

なぜなら、売主側はできるだけ高く売りたい思い、あえて安くするはずもありませんから、割安な物件は原則として存在しません。
とはいえ、売主様に住替えや転勤などの事情があれば、ある程度なら売ってもよい金額の目安がある場合もあります。それでも一般の方が見つけることはなかなかできません。

なぜなら、
1.本当に安い物件は、不動産会社と買取業者の間で取引が成立してしまう。

2.自社の顧客に案内し、早々に契約してしまう。

といったケースがほとんどで、表に出てこないのです。

ネット上の物件探しで、「これはお得かも」という物件があっても、「安い理由」は必ずあります。たとえば、(所有権ではなく)借地権の売買である、建物が傷んでいてリフォームに費用がかさむ)、違法建築、土地の形が変形している、陽当たりが悪い、管理費等が高い・・・などなど。買う前に気づかなければ「安いと思ったら、実は○○だった・・・」などという事態にも。

もし、安い理由がなければ、今度は即断即決が求められます。多くの購入希望者が一気に集中する中で、何度も現場を見て確認したり、それからローンの審査をしている余裕はありません。業者は即金で「仕入れ」も可能な中、初めて住宅を購入しようとする方が、その場で購入できるでしょうか・・。

そこで・・
割安な物件を探すのではなく、価値の高い物件の価格交渉をするのです。
たとえば4,980万の物件より5,280万円の物件の方が、まずもってよい物件でしょう。
交渉して5,000万円で購入できれば、よいものを安く買えたことになりませんか?

みな自分の予算があり、それを超える物件は「買えないから」と、初めから検索しない方がほとんどです。ところが値下がりで予算の範囲に入ってくると、まるで新しい物件かと思われ、問い合わせが集中し、あとは早いもの勝ちのようになってしまうのです。ですから、予算の5%ほど上の価格までみておき、私たち不動産会社に相場とのバランス確認と、価格交渉をお任せください。これこそが不動産会社を利用した、おすすめの買い方です。

合わせて読みたいオススメの記事

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

2018.11.22

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺言書には、「揉めないため」という意味と、「お子様や相続人の方へ感謝…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る