私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

木造住宅の耐震診断 ~必要耐力その他~

2018年02月01日

今回は、必要耐力の割増要素についてご説明いたします。

必要耐力は下記の式になります。
Qr<必要耐力>=<床面積>×(<必要耐力係数>+<多雪区域加算>)×地震係数Z×軟弱地盤割増×形状割増×混構造割増
床面積に建物の状況に応じた割増係数を反映させていくという考え方です。(必要耐力は分母なので、数値が大きくなればなるほど厳しくなるという考え方です)

■多雪区域加算

多雪区域では積雪深により割増係数を加算します。

・積雪1m…0.26Z(kN/m2)
・積雪2m…0.52Z(kN/m2)

上に重たいほど支える力(耐力)が必要になるという考えなので、屋根に雪の重みが乗る分加算しましょう、という考え方です。

■地震係数Z

地震の発生しやすさから、令第88条で地震地域係数が定められています。

1.0…多くの地域が1.0です。
0.9…北海道の一部、秋田県、山形県、新潟県など
0.8…北海道の一部、山口県、佐賀県、長崎県など
0.7…沖縄県のみ

これまでの地震発生履歴から、あまり大きな地震が発生しない地域については、必要耐力を少なくしましょう、という考え方です。

■軟弱地盤係数

地盤が著しく軟弱と評価された場合、必要耐力を1.5倍します。(結構影響大きいですね)

通常値:1.0
軟弱地盤:1.5

■形状割増

建物が不整形の場合、必要耐力が割増となります。

通常値:1.0
不整形:1.13

■混構造割増

1階部分が鉄骨造または鉄筋コンクリート造の場合は、必要耐力が割増となります。

通常値:1.0
1階が鉄骨・RC:1.2

今回ご紹介した割増要素は、改修工事で改善できるものではありません。
割増係数が該当する物件だった場合、購入を見送るのも一つの判断だと思います。

合わせて読みたいオススメの記事

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

2018.06.24

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

こんにちは、岡田です。 家を建てる時、皆さんは何を知りたいですか?家を建てる際の流れですか? 家を建てる期間ですか? 家を建てる際のお金(費用)ですか? 家を建てる時期ですか?どれもとても大切な事で…...

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

2018.06.23

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

        こんにちは、大内です。今日は一日雨で、まさに梅雨という感じです。昨日ひさびさに布団を干しておいてよかったと思っています♪さて、今回のテーマは、「住宅ロー…...

空家管理

2018.06.22

空家管理

こんにちは、金子です。今日は弊社の空家管理について。 今日は空家管理での必須アイテムのご紹介をしたいと思います。 まず、空家を管理する時は必ず帽子とベストの着用が必要となります。そして、これ…...

私道にまつわるトラブルとは?

2018.06.22

私道にまつわるトラブルとは?

      こんにちは、大内です。今日はひさびさに天気も良く、朝出社まえに布団をほしてきました!じめじめした布団では我が家のちびっこがかわいそうですから♪ちなみに、みなさんもご…...

図面の見方?

2018.06.18

図面の見方?

          こんにちは、大内です。6月も中旬になりいよいよ梅雨が本格化してきますが、くどいようですが皆様体調管理には気を付けてください。毎回ブログでこの…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る