私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

立地適正化計画(コンパクトシティ)をご存知ですか?

2017年08月01日

金子です。

今日は立地適正化計画のお話。

全国の自治体で住宅や商業、福祉施設などを一定の区域に集める「立地適正化計画」の策定が広がっております。

人口減少が加速するなかでコンパクトな街に変え、生活に欠かせない機能を維持することが目的ですが、この立地適正化計画は住宅の資産性にも大きく影響することが懸念されますので、これから家を買う方には無視できない重要な制度です。

立地適正化計画とは

立地適正化計画は都市再生特別措置法に基づき、市町村がつくる計画です。

平成29年7月1日時点で全国348の自治体が立地適正化計画の作成を行うことを表明しており、125の自治体で具体的な取り組みが公表されています。

立地適正化計画では、住宅を集める「居住誘導区域」(住む場所を集約)と、店舗や福祉施設、教育機関などの立地を促す「都市機能誘導区域」(仕事をする場所を集約)が設けられます。

平たく言うと、街の中で「今後も活用していく区域」と「使わない区域」を線引きしましょう、という制度です。

 

 

 

 

 

人口減少時代では社会資本を投下する対象を絞らなければ、自治体の財政が破たんしてしまう恐れがあるからです。


住宅購入の場合、検討しているエリアの自治体が立地適正化計画の取り組みを行っているかどうか、実施している場合は検討物件が居住誘導区域内なのかどうかを確認する必要があります

 

将来的に人が集まり続ける立地選びが大切

住宅を新築して、住まなくなったら(住めなくなったら)悪くとも二束三文で処分する…戸建の場合は悪くとも土地代くらいは現金化できる、それがこれまでの住宅業界の常識でした。

しかし、不動産は買い手や借り手がいなければ現金化できません。

現金化できないだけでなく維持費や税金がかかり続ける「負動産」となるのです。

人口減により利用者が減ると電車もバスも廃線を余儀なくされます。

駅徒歩圏内で十分検討できるのに、あえてバスが来なくなった住宅団地を選択する人はいなくなります。
大型ショッピングセンターの周辺に造成された街も要注意です。
ショッピングセンターが撤退したら途端に不便な立地となってしまうからです。


失敗しない住宅購入のためには、物件選びの前にまずは立地選びが大切なのです

物件の流動性を瞬時に判断できます。

ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なく金子まで。

合わせて読みたいオススメの記事

物件紹介 大宮区櫛引町

2018.08.21

物件紹介 大宮区櫛引町

こんにちは、くさの工務店の橋本です。今日は大宮区にあります新築戸建のご紹介になります。全2棟、価格が4580万円・4980万円の大宮駅から徒歩15分の物件となります。リビングも広々の19.75帖、18帖でインテリアを…...

浦和エリアのおすすめのラーメン屋さん

2018.08.20

浦和エリアのおすすめのラーメン屋さん

 こんにちは、くさの工務店の金子です。 浦和エリア担当の金子が、浦和の美味しいお店をご紹介いたします。少し気温が下がり、場所によっては肌寒いところもあると思います。そんなとき、金子はラーメン…...

2018 年7月度の不動産相場♪

2018.08.19

2018 年7月度の不動産相場♪

こんにちは、大内です。突然ですが、昨日の甲子園での高校野球は見られましたでしょうか?熱戦、大逆転に全力校歌!、本当に一生懸命な姿には心うたれます。わたしも40を超えてしまったからなのか、まあ涙もろくな…...

古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

2018.08.18

古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

こんにちは、大内です。お盆も終わりましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?わたしは、奥様がほとんど仕事だった関係であまり長期休暇の感じもせず、早朝ゴルフにいったくらいでした、、、ちなみに奥様は9…...

贈与しても不動産取得税がかかる?

2018.08.12

贈与しても不動産取得税がかかる?

こんにちは、大内です。お盆に入りましたが、まだ仕事の方、お休みの方それぞれいらっしゃるかと思いますが、わたしは今日まで仕事です!明日13日から16日までお盆休みをいただいております。遠出の予定はあり…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る