私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

築年数によるリフォーム金額のめやすは?~木造戸建て編~

2016年11月19日

中古住宅を購入してお住まいになるとき、気になるのがリフォーム代です。

物件により状態は違うので、大体いくらと単純に値段は出せません。
建物インスペクションを実施しないと、耐震や劣化改修工事の必要性すら不明です。

あくまで目安ですが、築年数によっておおよその状態は推し量ることはできます。

2016

■2000年6月以降の建物

このくらいの年代までであれば、耐震や劣化改修工事の心配はあまりありません。
キッチン・お風呂などの設備も交換せずに住めるケースも多いようです。
築浅物件は買いたい方も多いため、決断は急ぐ必要があります。
本来は売買契約前に建物インスペクションを行いますが、調査結果を待つ間に他の人に売れてしまわないよう、売買契約後のインスペクションを許容することもあります。

■築20年以上の木造戸建て(新耐震)

20年を超えた建物は、耐震や劣化改修工事が必要な場合が多いです。
ですから相応のリフォーム費用をふまえて資金計画を立ててください。
リフォーム費用を物件価格の住宅ローンと一体にして組む方法もあります。

大切なのは建物インスペクションです。売買契約前に調査を行い、まず改修費用を把握しておきましょう。
また、キッチンなどの設備は、使えても、型式が古いので、そのままでいいのか、交換するのかを考える必要があります。
リフォームを行うのは、建築士事務所登録の会社でないと、住宅ローン減税などの各種補助制度が利用できないので要注意です。

■旧耐震の物件

旧耐震の物件は耐震や劣化改修工事に多額の費用がかかります。設備も全交換が前提です。
建て替えた方が安いケースもあります。
そもそも住宅ローンの対象外の物件もありますので、まずは資金計画が大切です。
建物インスペクションで、状態を正確に把握し、まだ使えるのかの判断してください。
また、目先の金額より、耐震改修工事の実績のあるリフォーム会社を選択することが大切です。


築年数で大きく3区分しましたが、それぞれ対策が異なります。
築20年を超えているのに建築士に頼んでいない、旧耐震なのに安く済ませたい、
など無理な要求を通そうとすると、結局取引のリスクが上がることになるのです。

安心して中古住宅を購入するにはセオリーがあるのです。

合わせて読みたいオススメの記事

お祭りの季節ですね

2018.07.15

お祭りの季節ですね

こんにちは、岡田です。 3連休も弊社は営業しております。仕事中に外からお囃子の音が聞こえてきたので外に出てみるとたくさんの子供たちが御神輿をかついでいました。自分が子供の頃の事を思いだし懐かしい気…...

超重要!道路と通路の違い

2018.07.13

超重要!道路と通路の違い

 こんにちは、大内です。7月も中旬に入りいよいよ明日からは3連休ですね♪海に山にプールにいろいろとお出かけされるかと思いますが、私は仕事です、、、せめて明日の長男の1歳の誕生日会には間に合うように…...

遺留分とは?

2018.07.10

遺留分とは?

相続アドバイザーの金子です。今日は遺留分について。ちなみに遺留分は遺言書がある場合のみ出てきます。 遺留分とは相続人が相続できるものとして、民法で保障されている最小限の財産のことです。分かりやす…...

大宮区のおすすめ物件

2018.07.09

大宮区のおすすめ物件

コクーンシティのある「さいたま新都心」駅 徒歩7分にあるオススメ物件のご紹介です。さいたま市大宮区吉敷町4丁目の新築戸建です。大宮駅まで徒歩15分なので、通勤通学にも便利な立地です。さいたま新都心駅の周辺…...

さいたま市共催、埼玉県後援のもと、空家セミナーを開催します!

2018.07.07

さいたま市共催、埼玉県後援のもと、空家セミナーを開催します!

こんにちは。金子です。7月29日にさいたま市共催、埼玉県後援の下、空家セミナーを開催いたします!内容は以下の通りです。 開  催  日:7月29日(日)開催時間:<セミナー>午後2時00分~3時30分(1時半から…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る