私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

約25年でこれだけ変わった!地域別人口増加率♪

2017年10月17日

こんにちは、大内です。

今回のテーマは、

約25年でこれだけ変わった!地域別人口増加率。

です。

 

これは、1990年~1995年の首都圏の市区町村別「人口増加率マップ」です。

まさにこの時代は、バブルの時代にあたります。その時代では、千代田区、港区、渋谷区、中央区、江東区、新宿区、台東区など今人気のエリアは、人口増加率はなんとマイナス!?

逆に都心から電車で1時間から1時間半ぐらいかかるところが人口増加率が高いです。まさに、郊外型の庭付き一戸建てがブームになった時代です。

ところが、その時代から約25年経った2010年~2015年の人口増加率マップを見ますと、人口のトレンドが反転しています。

約25年間、一時代が変わり状況もすっかり変わりました。

不動産の価値も、需要と供給で決まります。

自分のお住まいの人口が減ってくれば当然需要が落ち、不動産価格も下がります。

目先の自分たちの都合だけを考慮して安易に購入するのではなく、将来の人口統計がどのように変わってくるかもきちんと把握したうえで、購入エリアを検討しましょう。

弊社のあるさいたま市においても、同じさいたま市内でも将来の動向をしっかりと見極めないといけません!

弊社では、お客様の年収や自己資金、家族構成など個別の状況を把握させて頂き、どのエリアを狙っていった方が良いか、エージェントがしっかりとアドバイスをさせて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。

~バイヤーズエージェントがお手伝いする住宅購入~

https://www.rchukai.com/buyersagent

【参照資料】

人口増加率・密度マップ(埼玉大学教育学部 谷謙二研究所)

http://ktgis.net/lab/etc/pop_increase/

1990年以降の5年単位の5時期 切り替えて表示できるマップです。

これから人口減・家余りがより顕著になっていきます。

ひと時代でこれだけ変わってしまう事が、このマップを見ても良く分かると思います。あなたの実家や今お住まいのエリア、今後購入を検討しているエリアがどのように変わってきたか、ぜひ確認してみて下さい。

これと併せて確認して頂きたいのがこちら。

「日本の地域別将来推計人口」

http://www.ipss.go.jp/pp-shicyoson/j/shicyoson13/3kekka/Municipalities.asp

今後の人口がどのように推移していくか、

2040年までの地域別・年齢(5歳)階級別データーを確認できます。

過去と未来を比較検証し、お住まい探しにお役立てください。

自分が住んでいてすみやすい、子供の学区内だから、いろいろと立地探しには理由があるかと思いますが、上記のデータも参考にしないと将来的に大変なことになるかもしれません。

お気軽にご相談ください♪

ではまた♪

合わせて読みたいオススメの記事

新年のご挨拶申し上げます

2019.01.04

新年のご挨拶申し上げます

新年、明けましておめでとうございます。皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年も不動産にまつわる事で皆様のお力になれるように社員一同一丸となりサービス向上に尽力…...

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る