私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

販売図面の見方を知ろう

2018年02月19日

不動産の探すときに必ず目にする新聞の折り込み広告や不動産屋のガラス窓に貼られている販売図面が目につきますよね。

ただ、スーパーや洋服のチラシと違い情報量が多く、価格、間取り図、区画図、住所などをちらっと見て終わりになってしまいがちではないでしょうか?

しかし、高い買い物ですし、家族が住む家のことですから、この細かい情報こそが重要なのです。

「駅徒歩●分!日辺り良好」など、不動産広告は、ついキャッチコピーに目を奪われがちですが、購入を検討するにあたっては広告の端のほうに細かく書かれた物件概要に必ず目を通す必要があります。
物件概要には、その土地の価格をはじめ施設負担金、都市計画規制や私道負担の要件など、不動産に関する重要な事項が記載されています。したがって、この物件概要にきちんと目を通せば、おおよその土地の条件は認識できる事になります。

広告表示にはいくつかの決まりごとがあります。
たとえば、徒歩による所要時間は、道路距離80mを1分間として計算しなければなりません。
このとき、1分未満の端数は切り上げとなります。

また、面積については㎡単位で水平投影面積で表示し、1㎡未満は切り捨て出来るが、四捨五入や切り上げは出来ません。

さらに、不動産広告で「新築」と言えるのは建築後1年未満であり、かつ未使用であるという意味で用いなければなりません。

建築基準法第42条に規定する道路に2m以上接していない土地については「建築不可」と表示しなければありません。
また、42条2項道路に接している土地については「みなし道路」に接する旨を表示する必要があります。
さらに、古家等が存在する土地であれば「売地 ただし古家あり」と表示、都市計画道路内の土地であれば、その旨を明瞭に表示しなければありません。

その他、土地面積に私道負担が含まれているかどうか、地目、水道、ガスなどの主要な事柄については、全てこの物件概要に記載しなければならない決まりとなっています。

尚、広告にあたっては「絶対」、「万全」等の全く欠けるところがないことを意味する用語や「格安」、「安値」など、価格が著しく安いという印象を与える用語、「最高」、「極」など、最上級を意味する用語「日本一」「業界一」などの用語も根拠がない場合には使ってはいけない事になったます。

不動産購入の時に必ず見る広告にも、注意点や決まり事があります。
効率よく家さがしをするには、まずは広告の見方を知る事が重要ですね。

合わせて読みたいオススメの記事

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

2018.06.24

7月29日に家づくり勉強会を開催いたします

こんにちは、岡田です。 家を建てる時、皆さんは何を知りたいですか?家を建てる際の流れですか? 家を建てる期間ですか? 家を建てる際のお金(費用)ですか? 家を建てる時期ですか?どれもとても大切な事で…...

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

2018.06.23

「住宅ローンの審査ってどのくらい厳しく見られるもの?」

        こんにちは、大内です。今日は一日雨で、まさに梅雨という感じです。昨日ひさびさに布団を干しておいてよかったと思っています♪さて、今回のテーマは、「住宅ロー…...

空家管理

2018.06.22

空家管理

こんにちは、金子です。今日は弊社の空家管理について。 今日は空家管理での必須アイテムのご紹介をしたいと思います。 まず、空家を管理する時は必ず帽子とベストの着用が必要となります。そして、これ…...

私道にまつわるトラブルとは?

2018.06.22

私道にまつわるトラブルとは?

      こんにちは、大内です。今日はひさびさに天気も良く、朝出社まえに布団をほしてきました!じめじめした布団では我が家のちびっこがかわいそうですから♪ちなみに、みなさんもご…...

図面の見方?

2018.06.18

図面の見方?

          こんにちは、大内です。6月も中旬になりいよいよ梅雨が本格化してきますが、くどいようですが皆様体調管理には気を付けてください。毎回ブログでこの…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る