私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

タイトル未設定

2016年05月21日

こんにちは岡田です。
今日は住宅を取得後に毎年かかる固定資産税についてお話しをさせて頂きます。
一般的にみなさんが普段口にする『固定資産税』とは固定資産税と都市計画税という
ものが含まれています。
他に、住宅を取得したときには、不動産取得税登録免許税消費税印紙税、さらには資金調達
の方法により
贈与税などが課税されます。
そして、住宅を取得した翌年からは毎年、固定資産税と都市計画税が課税され、これを支払ってい
かなければなりません。


今回は住宅の保有時における固定資産税と都市計画税について、基本的な考えかたをみていくこと
にしましょう。

固定資産税と都市計画税の納税義務者は?

一戸建て住宅

住宅を取得すれば毎年支払うことになる税金も忘れずに!

固定資産税と都市計画税は、毎年1月1日現在で市町村の固定資産課税台帳(土地補充課税台
帳、家屋補充課税台帳など)または登記記録などに所有者として登録されている人(個人、法人
を問いません)に対して課税されます。

住宅を購入したときなど不動産取引にあたっては、固定資産税や都市計画税の年額を引き渡し日を
境として日割りで精算し、売主と買主の負担割合を定めることが慣例になっていますが、この場合で
も買主が相当日数分の「納税義務者」になるわけではありません。

あくまでも、1月1日時点の所有者が1年間分の納税義務者となり、納税通知書にしたがって一括納
付するか、年4回の指定月に分納します。また、仮に1月2日に家屋を取り壊したとしても原則として1
年分の課税がされることになります。

固定資産税は原則として(一部の例外規定を除く)すべての土地と家屋が課税対象となり、都市計
画税は都市計画法による市街化区域内に所在する土地と建物が課税対象となります。

したがって、市街化区域内に住宅などを所有すれば、固定資産税と都市計画税が併せて徴収され
ることになるわけです。
 

合わせて読みたいオススメの記事

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

2021.10.24

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    住宅金融支援機構が提供する、60歳以上を対象にした住宅融資保険付きリバー…...

納得できる土地選びのポイント1

2021.10.23

納得できる土地選びのポイント1

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    土地を買って家を建てるパターンや建築条件付き宅地を買うパターンでは、土…...

2021年住みやすい街ランキング

2021.10.22

2021年住みやすい街ランキング

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   今回は、いろいろなランキングがある中で住みやすい街ランキングを調べました。い…...

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

2021.10.21

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。               今年9…...

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

2021.10.19

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    コロナ禍となり、賃貸から購入を検討されている方も増えていると思います。…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る