私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

インスペクション結果を購入判断材料に活用

2017年12月05日

インスペクションの結果、雨漏りが指摘され、物件の購入を見送ることになりました。

Nさんがはじめに絞り込んだ物件は、昭和62年築の木造2階建て住宅でした。
閑静な住宅街で、最寄り駅まではバスで6分とまずまずの立地。
ウッドデッキが特徴的な物件でした。

さっそく建築士によるインスペクションを実施したところ、雨漏れが発見されました。
この物件は売主が宅建業者の再販案件だったため、雨漏れ特定のための調査を依頼したところ、
売主である宅建業者から断られてしまいました。
また、この物件の特徴であるウッドデッキ部分が最大の弱点で、建物が著しく不整形のため、
大掛かりな耐震改修工事が懸念され、基準を満たす工事が現実的なコストでは実現できないことが指摘されました。
結局、雨漏れの原因が特定されない限りは買うことができないと判断、この物件の購入を見送ることになりました。


続いてNさんが見つけた物件は、1件目より少し狭いのですが、最寄り駅まで徒歩圏内で、
バスを利用すれば主要ターミナル駅へのアクセスも可能な好立地の物件でした。
平成10年築のまだ新しい物件で、数年前に外壁・屋根の塗装工事済みの物件でした。
建築士によるインスペクションの結果、指摘されたのは、基礎のひび割れと外壁コーキングの劣化程度で、
それほどお金を掛けなくても改修が可能と判断されました。


Nさんがこの物件を購入する上で実施したリフォームは上記の劣化改善の他にはクロスを交換した程度。
思ったよりも改修コストを抑えることができました。

物件購入を見送るという決断は一見遠回りをしているように思えますが、
程度の悪い物件を掴まされるのに比べたら何の問題もありません。
Nさんのように更に良い物件と巡り合うこともあります。
中古住宅の状態は家屋によって様々ですので、売買契約を締結してから考えるのではなく、
建築士によるインスペクションの結果を購入判断材料に活用することが、失敗しない中古住宅購入では大切だと思います。

合わせて読みたいオススメの記事

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

2018.04.09

住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合の残りの住宅ローンってどうなるの?

       こんにちは、大内です。住宅ローン返済中に死亡や高度障害になった場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残りの住宅ローンは全額弁済されます。すなわち、残さ…...

不動産の「マイナンバー」

2018.04.08

不動産の「マイナンバー」

        こんにちは、大内です。今回のテーマは、不動産の「マイナンバー」です。マイナンバー法が施行され、個人にはそれぞれマイナンバーが付番されています。出生届を…...

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

2018.04.08

2018年4月7日(土)に空き家の無料セミナー/個別相談会を開催しました

こんにちは。金子です。2018年4月7日(土)に埼玉会館にて無料セミナー/個別相談会「実家の継ぎかた、継がせかた~あなたの実家が空き家に!?~」を開催いたしました。当日はたくさんの方がご来場くださり、誠にあり…...

平成30年地価が発表されました!

2018.04.06

平成30年地価が発表されました!

     こんにちは、大内です。少し遅れましたが、不動産におおきなかかわりのあるニュースがございました。国土交通省から、平成30年3月27日に、平成30年の地価(1月1日時点)が公示されま…...

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

2018.04.04

住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのこと

         こんにちは、大内です。今回のテーマは、住宅ローンを組んだ後にやってはいけない3つのことです。その1:教育資金の積立をせずに繰上返済を行うのには注…...

カテゴリー


ページの先頭へ戻る