私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

法定相続分なんて関係ねぇ!!

2018年07月21日

さいたま市の相続アドバイザーの金子です。

前回は法定相続分についてお話しました。

前回のお話はコチラから

 

簡単におさらいすると、法定相続分は

配偶者と子供が相続人の時はそれぞれ半分ずつ

配偶者と両親が相続人の時は3分の2と3分の1ずつ

配偶者と兄弟姉妹が相続人の時は4分の3と4分の1ずつ

となります。

 

そしてポイントは法定相続分とはあくまで目安であるということ。

必ずしもこの割合で決める必要はありません。

遺産分割協議で話し合い、それぞれ持分を決めることができます。

実はここが恐ろしいポイントでもあります。

今回は相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合のトラブルの事例をお話します。

このケース、実は意外と多いです。

 

先にも述べた通り、法定相続人が兄弟姉妹の場合、4分の1ずつとなります。

兄弟姉妹が法定相続人となる場合、

被相続人(亡くなった方)と年齢が近いこともあり、

兄弟姉妹が亡くなっていることが多いです。

その場合、法定相続人は甥姪となります。

これを代襲相続といいます。

 

代襲相続についてはコチラ

 

そうすると、甥や姪の法定相続分は、すごーく小さい割合になることが多いんです。

32分の1とかになります。

しかし恐いのが、この法定相続分はあくまで目安です。

まったく疎遠だった甥っ子や姪っ子に

「法定相続分なんて知ったことじゃない!遺言がないなら話し合いで取り分を決めろ!!!」

と言われる可能性だってあるわけです。

 



疎遠だった甥姪に怖い人がいたら・・・

考えるだけで恐ろしいですよね。

他にも甥姪が話し合いに応じてくれないなんて場合もあります。

先日ご相談を受けた内容は、甥姪を怒らせてしまったものでした。

どうして怒らせてしまったのかというと、相談者が

「お前は亡くなった○○とはほとんど交流が無かったのだから、遺産の取り分は少なくしてほしい。むしろ放棄してほしい」

と言ってしまったんですよね。

そんな言われ方をしたら誰だって怒るよな~と思いました。

相談者の言いたい事も、もちろんわかります。

遺産の分け方以前の問題で、甥姪とのコミュニケーションを間違えた結果、同様に感情的になり、相続の話し合いができなくなってしまうのです。

その解決のために本来必要ではなかった時間とお金をかけなくてはいけなくなってしまった事例も良くあります。

たかがコミュニケーション、されどコミュニケーション。

甥姪との接し方一つで、予想外の相続トラブルになる事もありますし、そのトラブルを未然に防ぐ事だってできるのです。

トラブルが発生した場合、最終的には遺産分割調停等の裁判所を利用する手続きを選択せざるを得ない状況になります。

そうならないために相続が発生する前の準備をしっかりとしましょう。

遺言書を残すこともいいですし、事前にトラブルが発生しないようにコミュニケーションを取っておくことも重要です。

気になることがあればお気軽にご相談ください。

相続のことならさいたま市のくさの工務店 金子まで。

 

合わせて読みたいオススメの記事

お客様からの頂き物

2018.12.04

お客様からの頂き物

先日、弊社でご契約いただいたO様より、嬉しい頂き物がありました。  この仕事をしていて、お客様より時折このように頂き物を頂戴いたしますが、本当に嬉しいですね。メールが主流の現代で直筆のお手紙と…...

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

2018.12.04

土地もしくは建物が周辺物件に比べて安いなと感じた時…

それは、借地の可能性があります。土地を購入せず、借地でも家づくりは可能です。借地であれば、土地を購入するよりも初期投資を大幅に抑えることが出来ます。ただし、借地の場合には毎月地代を支払う必要があるう…...

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

2018.11.30

よく出る質問 その1「割安な物件はどう見つけるのか」

 「割安な物件はどうやったら見つけられますか?」お客様からよく出る質問です。これは、よく聞かれますが回答の難しい質問です。なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初か…...

住宅購入と 生涯の資金計画

2018.11.26

住宅購入と 生涯の資金計画

住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会で…...

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

2018.11.22

遺言書が使えない!?相続トラブル回避術

相続争いを回避するため、遺言書を作成しておくとよい、ということはよく耳にしますね。「うちは揉めないだろう」という方も多いのですが、遺言書には、「揉めないため」という意味と、「お子様や相続人の方へ感謝…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る