私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

「使えない」遺言書で相続トラブルを起こさないために

2018年01月16日

「終活」という言葉もだいぶ定着したようですが、元気なうちに遺言書を作成しておいたほうがいい、とよく聞きますね。

「うちは相続争いなどないだろう」と、お思いかもしれませんが、遺言書には、「もめるのを防ぐ」ほかに、「お子様など相続人の方々へ、自分の感謝の気持ちや想いを遺す」という大切な役割があります。

さて、ご自宅など不動産を所有している場合は、必ず遺言書を作成したほうがよいでしょう。
なぜなら、土地や建物は分けて相続するのが難しいことが多いからです。
不動産の相続先をきちんと指定しておくことが、争いを避ける重要なコツです。

さて、遺言書を書くときは、どのようなことに注意が必要でしょうか?

1.物件の表示

まずは、遺産となる不動産の特定は地番で行います。

住居表示だけは隣の家と同じ表記のこともあり、また、共有している私道の記載が漏たりして、
ものごとがはっきりしません。

2.日付の記載

遺言書で重要になのが、「日付」です。

遺言書を何度も作成した場合、1日でも日付の新しいものが有効です。
そのため「12月吉日」では認められません。しっかり日付を記載しましょう。

3.全文手書き

(自筆証書遺言という方式の場合は)、「全文を自筆」で作成する必要があります。

遺産が多い場合などは大変ですが、パソコン等での作成は認められていません。
(だからいっそう、元気なうちに、ということもあります)

4.花押はNG

「花押(カオウ)」とは、印鑑を押すのではなく、サインのように毛筆で自分の目印を書くものです。
戦国武将の書状によく見られ、これを使用する総理大臣もいます。

しかし、判例によると花押の使用は遺言書では「無効」となっていますので、
きちんと押印するようにしてください。


不動産を買って住むということは、購入が目的ではなくスタートです。

時間が経つにつれての内外のメンテナンスや、資産価値や、その時々の経済事情の変化によって売却を検討したり、相続への準備など、さまざまな手続や手配を行いながら暮らしていくことなのです。

合わせて読みたいオススメの記事

窓を工夫して、光と風を取り入れる

2022.01.24

窓を工夫して、光と風を取り入れる

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    採光の大切さやポイント,役割を調べました。日差しが入るというこ…...

中古戸建てを購入する際のリフォームの優先順位

2022.01.22

中古戸建てを購入する際のリフォームの優先順位

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   中古住宅を購入される方の多くがリフォームを検討されています。クロス…...

築40年前後の中古マンション購入を検討している方に知っておいて欲しいこと

2022.01.20

築40年前後の中古マンション購入を検討している方に知っておいて欲しいこと

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   ■築40年を経過するマンションはどれくらいあるのか?! 2019年(令…...

楽器演奏可能なマンション「ミュージション」が人気!?

2022.01.18

楽器演奏可能なマンション「ミュージション」が人気!?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   特定の入居者をターゲットにしたコンセプト型のマンションが徐々に普及…...

27年経ちました阪神・淡路大震災の日です

2022.01.17

27年経ちました阪神・淡路大震災の日です

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    今日1月17日で阪神・淡路大震災から27年が経ちました。当時のテレ…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る