私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

「頭金=手付金?」資金計画で失敗しないために

2019年01月15日

家を買うお金の話になると、よく「頭金」という言葉ができてきます。
「契約前までに用意しておく現金」と大まかにとらえがちですが、
具体的にはどのように支払っていくものなのでしょうか?

たとえば、頭金が500万円だとします。

不動産の売買契約時、「手付金」を現金で支払います。
4,000万円の物件なら、手付金は200~400万円。
頭金500万円のうちの200万円をここで使い、残りは300万円。

ちょっと待って、打合せの際に「諸費用は物件価格の7%(約300万円)くらいで、通常は現金でご用意ください」と言われた気がする。
残り300万円で残額ゼロでも大丈夫??

ここで、取引全体の流れから確認してみます。頭金全体を口座残高として見てみましょう。

まず手付金は、頭金で払いますか?
これは、手付金は物件代金の一部なので、頭金で払いますが、ローンで借りることもありえます。

購入に必要な費用とは
「物件価格+諸費用(+リフォーム)」
であり、そのうちどこまで自己資金(=頭金)で払うかです。

≪購入費用≫

売買価格:4,000万円

諸費用300万円

リフォーム0円

≪契約条件≫

手付金200万円

≪資金調達方法≫

住宅ローン:3,900万円

自己資金:400万円(=口座残高400万円)

売買契約時に手付金200万円を売主に支払います。(口座残高は200万円)。

決済時に住宅ローン3,900万円が口座に入金され、その内3,800万円を売主に支払い、融資額の内100万円が残ります。

口座残高300万円に、この100万円を加算して残高は300万円となります。

一方、決済時に諸費用300万円も支払います。残高の300万円からそれを支払い、口座残高が0円になります。

これで、頭金400万円を使ったということになります。

もし手付金がこれより100万円以上高い金額になった場合、

契約時に仲介料を支払う場合は途中でパンクしてしまいます!

また、これでは手元にお金が残らないため、
引越し代や、新居で新たに購入する照明やカーテンなどがあっても
準備できなくなってしまいます。
諸経費にどこまで算定されているか、必ず確認してください!

 

 

 

 

 

 

資金計画を作成する際には、諸費用の項目ごとの金額に加えて、
どのタイミングでどの項目がいくら必要になるかも、
時系列に沿って考える必要があります。
特に、「中古住宅を買ってリフォーム」や「更地を買って新築」の場合、
全体としての金額は合っているはずなのに、途中でキャッシュフローが
ショートしてしまうようなことが起こらないよう注意しましょう。

資金計画でご不安、ご質問のあるときは、ご相談ください。

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

断熱性に優れている家

2019.08.12

断熱性に優れている家

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   断熱材が日本で使われだしたのは今から40年ぐらい前の1970年ぐらいだそ…...

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

2019.08.08

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産屋と聞いて、あまり良くないイメージを持つ方も少なくないのではないで…...

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

2019.08.08

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産適正取引推進機構が「令和元年度 宅地建物取引士資格試験」のインター…...

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

2019.08.07

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  銀行ローンの折衝というのは、微妙で複雑な関係の中で行われます。直接的には…...

中古戸建住宅購入時に把握しておきたい、耐震性能(木造戸建て)+実例紹介!

2019.08.06

中古戸建住宅購入時に把握しておきたい、耐震性能(木造戸建て)+実例紹介!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   最近、新築案件の資材の高騰の影響か、中古戸建を購入しようと思われて…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る