私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

こだわりのリフォームで 快適な住空間暮らしを楽しむ

2016年11月01日

かつての新築を購入したときの苦い経験から、細部までこだわったリフォームをかなえた話をご紹介します。

Aさんは新築戸建を購入しましたが、どこも仕様を変えられず、無理しながら暮らしていました。
そこで、築15年以内の、できるだけリビング広めの住宅を探し、大手ハウスメーカーによる築14年、リビング26帖の一戸建でした。
駅からは徒歩15分と好立地でしたが、広さの割にお得感のある価格でした。

そこで気になったのはハザードマップによると、河川浸水3mのエリアだったのです。そこでAさんは地域について学び、リスクにできる対策を行えば問題ないと判断し、購入することにしました。
新築より20年間のメーカー保証を引き継げたため、既存住宅売買かし保険は不要でした。またメーカーと交渉し、フラット35利用に必要な中古住宅構造確認書を入手しています。

さて、その後行ったリフォームは、床・壁紙クロス張替、キッチン・トイレ・洗面などの新規交換、収納など幅広く、屋根への遮熱塗装、太陽光発電パネル増設、HEMS導入、全部屋LED化など、省エネ面にまで及びました。
リビングの壁に収納棚付きの間仕切りを付け、その表面は調湿効果のあるエコカラット仕上げに、また間接照明を設置し雰囲気のよいリビングに。収納はすべてシステム家具にして、今までの収納から全て差替えました。
リフォームにあたっては、事前に住宅展示場やショールームをたくさん見学して、どのような改修を行うか具体的に計画を立てたのです。また、細部のコンセント増設や照明の移設などは工事業者とじっくりと打ち合わせて、満足な結果を得たのです。

また自ら工具を使ってDIYリフォームも。玄関タイルの張替えやウッドデッキの塗装を行っています。今後も引続きDIYで家づくりを楽しんでいきたいそうです。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る