私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

この土地は何色?「赤い土地」?「青い土地」?

2019年01月08日

本来土地には、それぞれの区画ごとに役所が番号をつけて(地番といいます)、管理しています。ところが、中には何の番号もない土地があります。私が見つけたのは、ごくごく細長い形の小さな土地でした。

これはかつて「赤道(アカミチ)」と呼ばれた土地でした。
法務局に保管されている古い地図上(旧公図)では、その土地の状況によって色が塗られていたのです。
(地図が手描きだった時代の手法です)

赤は「赤道(アカミチ)」と呼ばれ、道路部分だった場所になります。
その他にも、青く塗られた「青線(アオセン)」は水路部分、田畑の周辺を緑色に塗った「畦畔」などがあります。

現在の公図には色分けはありません。
今は地番がないままの空欄の土地です。

これらの土地はどれも国有です。
手続きにより、購入できる場合もありますが、確認が必要です。

もし購入した土地の一部にこうした国有地が含まれると、管理や処分に支障が起きることもあります。
念のため検討段階で、公図などの資料で確認しておくようにするとよいと思います。

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

2019.10.18

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事…...

2019 年9月度の不動産相場

2019.10.17

2019 年9月度の不動産相場

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月…...

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

2019.10.16

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃…...

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

2019.10.15

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思…...

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

2019.10.14

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

 さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る