私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

アマゾンも注目するドローン(小型無人機)!インスペクションに応用すると・・・?!

2015年11月21日

 

 

少し前の日経新聞に米国アマゾン社の副社長が日本における「ドローン宅配」に向けた取り組みについて記事がでていました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06HJT_W5A101C1TJC000/

ドローン(小型無人機)による荷物の配送が2018年にも日本で実現するようです。商品をドローンで宅配する構想を持つネット通販大手の米アマゾン・ドット・コムは、航空法の運用見直しなど規制緩和が進むとみられる日本でのサービス提供に意欲を示している様子です。

そもそも「なぜ、ドローン宅配?!」なのかの質問に、「従来の手段では、30分以内に商品がほしいという顧客の要望にこたえられない。もう空を飛ぶしかない。またアマゾンが扱う商品の8割はドローンで運べるサイズ」だそうです。

ドローンの技術は間違いなく、来年以降本格化する「インスペクション」にも役立ちそうです。中古住宅の流通に際して、現在行われているインスペクション(建物調査)において「劣化調査」は必須のため、その調査精度の向上に役立ちそうです。

一般的に中古住宅の購入後の安心は「かし保険」の適用に関わるため、その調査精度の向上にドローン技術は役立ちそうです。

現在のインスペクションは「目視できる範囲、非破壊で行う調査」が一般的なため、プラスαの調査として、「ドローンを飛ばし、屋根の劣化状況の調査を行います!」みたいな話が今後出てきそうです。

弊社では「劣化・フラット適合の可否」については2物件まで無償でインスペクション(建物調査)を提供していますので、必要な方はぜひ、ご活用ください。

http://www.rchukai.jp/about/03.htm

合わせて読みたいオススメの記事

所有者不明土地の先進的な取り組み

2020.10.25

所有者不明土地の先進的な取り組み

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   顕在化する所有者不明土地問題 不動産関係で大きな問題となってい…...

コロナ禍でマイナス金利は長期化へ このタイミングでの住宅ローンの考え方について

2020.10.24

コロナ禍でマイナス金利は長期化へ このタイミングでの住宅ローンの考え方について

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    ■コロナ禍の住宅ローン金利の動向について 現在、コロナ禍で…...

検査済証!?

2020.10.23

検査済証!?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   検査済証とは 建築基準法で定められた「建築確認、中間検査、完了…...

住宅ローン控除(減税) 最大の勘違い

2020.10.22

住宅ローン控除(減税) 最大の勘違い

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     確定申告の時期になると、「4500万円のローンを組んだのに…...

増え続ける空き家問題~2つの空き家問題

2020.10.19

増え続ける空き家問題~2つの空き家問題

 さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。弊社はNPO法人空地・空家管理センターに加入しています。近年、空き家が多くなる…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る