私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

コーポラティブハウスをご存知ですか?

2018年01月20日

最近ドラマなどで話題の「コーポラティブハウス」という言葉を聞いたことのある方もいるかもしれません。入居希望者が集まって組合をつくり事業主となって、土地購入をはじめ設計、建築まで業者に依頼するなど、全てを行う集合住宅です。今、少しずつ人気が出てきているようです。

大まかな流れは下記になります。

1.計画立案と参加者の募集
コーポラティブハウスを運営する不動産会社が、土地をどこにするか、どんな設計にするかのプランを立て、説明会を開催して、そこに住んでみたいというお客様を募集します。

2.組合の設立
購入希望者により「建設組合」を結成し、設計および施工を発注します。。

3.住まいを自由に設計
自分が居住する部屋は、設計者と直接打合せて、希望に合わせて設計します。
ここで間取りのほか、壁や床の部材、水回りの設備も決められます。

4.引渡し
希望通りに完成しているか確認後、引渡しになります。

これら全般にわたって不動産会社がサポートを行います。

メリット

・自由に設計できる
注文住宅同様に「自由」に設計可能です。

今まで、希望通りに建てるには、一戸建ての注文住宅しかありませんでしたが、コーポラティブハウスもまた、建築前の設計段階から希望を相談できるのです。

・価格がはっきりしている
一般的な分譲マンションは、敷地の価格や建設費用が実際にはいくらかわかりません。しかし、コーポラティブハウスは、購入者が主体であり、全ての費用が明白です。

また、購入する人が先に決まっており、広告費など余分な費用がなく、より合理的な価格となります。

・住民の一体感
コーポラティブハウスは購入者全員で意見を出し建物を建築するため、完成前からある種の仲間意識ができ、入居後のご近所付き合いに反映します。

デメリット

分譲マンションは、一般向けのスタンダードな仕様のため、将来売却する場合、買い手が見つかりやすくなります。しかし、コーポラティブハウスの場合は、こだわりが主張する設計が可能なために、かえって、売れにくいことも。あくまで一般的なマンションとの比較であり、一戸建ての注文住宅もまたそうですから、それほどのデメリットではないでしょう。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る