私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

タワーマンションの高層階が増税に?!2018年から20階建て以上が対象!

2016年11月07日

以前に20階建て以上のマンションでの、
高層階の固定資産税と相続税を引き上げが決定され、
いよいよ2018年以降に引渡しの新築物件が対象となりスタートします。
(それ前に供給された物件は従来の税制を適用)。
なお、一方で低層階の税負担は軽減されます。

政府は実際の取引価格をもとに固定資産税の案分の方法を検討し、
新たな税制に盛り込みます。
それまで高層階の部屋は高い価格に対し税金が安く、
節税策として購入されがちでした。

なぜならこれまでは、税金の算定基準である「固定資産税評価額」が、
各部屋の床面積で割るのみで、階によって差がなかったのです。
最上階の床面積当たりの単価が最下層階より平均で46%も
高いにもかかわらずです。(資産評価システム研究センター調べ)

マンションの高層階の部屋は、現金よりも、
相続税の金額が抑えられることになります。
これは富裕層だけにとっての節税策になるとの批判の高まりを受け、
今回の対策が取られたようです。
なお、低層階は評価額が下げられるようです。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る