私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

マンションの建て替えに必要な”合意形成”

2017年10月02日

皆さんこんにちは、橋本です♪

今回はマンションの建て替えについてお話ししたいと思います。

 

一般的にマンションの建替えには合意形成が必要と言われていますが、具体的にどの規模の合意形成が必要なのでしょうか?

民法では、不動産を処分する場合には、共有者全員の合意が必要とされていますが、マンションの場合には「特別法」が制定されています。

それが、「建物の区分所有等に関する法律(=区分所有法)」です。

この区分所有法によると、区分所有者及び議決権の各5分の4以上の多数で、建て替えの決議をすることができると定められてるのです。

8割強の合意があれば建て替えが可能ということになります。

この決議に賛成した区分所有者は、反対した方に対して売渡請求をすることができることになっています。

手続き上は、このように8割の同意があれば、マンションの建替えができるとはなっていますが、実際にはどうでしょうか。

そもそもマンション解体費用や再建築費用、反対者の買取り費用など、多額の資金が必要になります。

敷地の容積率に余裕があり、建て替えた場合に販売できる住戸が新たに作られる場合には、ディベロッパー等の協力も得られるかもしれませんが、容積率がいっぱい・駅アクセスも悪い、といったマンションの場合には、資金的に難しいでしょう。

また、合意形成で問題になるのが、今ニュースでもよく話題になる居住者の高齢化・相続人行方不明問題です。

居住者が認知症などで意思表示ができないケースや、いわゆる「空家」状態になってしまい、相続人の連絡先がわからない等、「反対多数」ではなく「賛成不足」という事態も想定されます。

弊社では、耐震性不足のマンションや、立地に難のあるマンションについては、リフォームの見た目に左右されず、慎重に検討するようにアドバイスさせて頂いております。

合わせて読みたいオススメの記事

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

2021.10.24

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    住宅金融支援機構が提供する、60歳以上を対象にした住宅融資保険付きリバー…...

納得できる土地選びのポイント1

2021.10.23

納得できる土地選びのポイント1

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    土地を買って家を建てるパターンや建築条件付き宅地を買うパターンでは、土…...

2021年住みやすい街ランキング

2021.10.22

2021年住みやすい街ランキング

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   今回は、いろいろなランキングがある中で住みやすい街ランキングを調べました。い…...

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

2021.10.21

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。               今年9…...

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

2021.10.19

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    コロナ禍となり、賃貸から購入を検討されている方も増えていると思います。…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る