私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

不動産の契約に関する用語解説

2014年12月01日

不動産を購入する際に、色々な専門用語が飛び交います。

「バイケイ」の前に「ジュウセツ」があって、その後「キンショー」契約をして
そして「ケッサイ」をします。
入社当時の私は何のことか、まったく分かりませんでした。笑



「バイケイ」とは売買契約(又は売買契約書)のことを指します。
不動産を購入します、という契約を結ぶことですね。

契約の前に不動産会社より重要事項説明というものを行います。
これが「ジュウセツ」です。
売買契約をする前に重要な事項を説明する大切なものになります。

次に来る「キンショー」とは、金銭消費貸借(きんせんしょうひたいしゃく)契約のことになります。
これは、「お金を借ります」という契約です。
住宅ローンを利用する方は、銀行などでこの契約を結ぶことになります。

そしていよいよ「決済(ケッサイ)」です。
こちらは売主様へ売買代金をお支払し、鍵を受け取る日になります。
このケッサイが終わるとついに、購入した住宅が買主様のものになります。

長い道のりですね。
実際にはこれら以外にも、リフォームや火災保険の契約があったりします。


弊社では、住宅購入の手続きがスムーズに進みますよう丁寧にサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る