私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

不動産業界でもVRを活用したサービスが登場し始めています

2018年01月13日

各種メディアでよく取り上げられているVRですが、それに技術にAR、MRがあります。これらの違いなんでしょうか?

VR(Virtual Reality : バーチャルリアリティ)とは?!
VRとは、コンピュータ上に人工的な環境を作り出し、あたかもそこにいるような感覚を体験できる技術です。日本語では「仮想現実」あるいは「人工現実感」と訳しています。現在、さまざまなハイエンドVR機器が多数発売されています。
最近では100円ショップで段ボール製のVRヘッドセットが販売されており、じわじわと浸透しつつあります


AR(Augmented Reality : 拡張現実)とは?!
ARとは、現実空間に付加情報を表示させ、現実世界を拡張する技術のことをいいます。VRは現実世界とは切り離された仮想世界ですが、ARは現実世界が主体です。Microsoftが開発をすすめ、今後の進展が期待されている技術です。チョコボールの箱についていたAR技術を活用したゲームを楽めたりしました。

MR(Mixed Reality : 複合現実)とは?!
MRとは、複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工の仮想世界に、現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。MRの世界内では、仮想世界のモノと現実世界のモノが相互に影響するそうです。公開されている動画などを見ると、まるでSF世界にいるかのような映像です

VR・AR・MRの今後の可能性について
VRは2025年までに現在のデスクトップPCと並ぶ巨大市場へと成長するとの予測もあります。市場は多岐にわたり、様々な業界で活用されていくと思われます。不動産の内見の機会を劇的に減らすこともできると考えています

特に不動産の内見などは、時間と手間を掛けて見て回るよりも、自宅に居ながら、まるでそこにいるような感覚で確認できるようになれば、非常に便利で効率的になると思います。
VRとまでは行きませんが、ホームズなどで提供されているパノラマ画像や、オンライン内見などがその先駆けとなってゆくのでしょう。

まだまだVRを利用できる不動産事会社は少なく、そこまでには時間も掛かりそうですが、行き着く先は仮想世界(VR)から、現実世界の拡張(AR)。最終的には仮想世界に現実世界を取込んで、相互に影響を与える(MR)へと発展していくものと考えます。

合わせて読みたいオススメの記事

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

2022.08.09

売る時に価値が下がりやすい物件とは?(嫌悪施設編)

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。どんな物件を購入すると、そのご資産価値が下がりやすい可能性があるのでしょうか。本日は、その第2…...

2022年8月 フラット35金利のご案内

2022.08.08

2022年8月 フラット35金利のご案内

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。2022年8月のフラット35金利は、20年以下が1.20%、21年以上が1.33%と前月から0.02%引き上げとなりまし…...

誰だって間違える

2022.08.06

誰だって間違える

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。不動産登記簿を見ていると、たまに「更正」という文字が記載されていることがあります。一方で「職権…...

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

2022.08.05

大雨の時期だからこそ見直したい 住宅購入検討時のハザードマップの重要性

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。梅雨らしい天候がないまま梅雨明けした途端に日本全国で大雨被害が警戒される嫌な天気が続きました。…...

災害に備えた家づくり

2022.08.03

災害に備えた家づくり

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。昨今の豪雨による洪水や地震、竜巻などの自然災害が起きていることを考えれると今住んでいる場所にも…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る