私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

固定資産税って何?

2015年12月21日

こんにちは、大内です。

今年も残すところあと10日ですね。

わたしは先週、今週は挨拶回りと今年最後の契約に向けてバタバタしております。

そんな中、007スペクターを2回も見てしまいました♪しかも2週連続で(笑)

奥様とみる予定だったのが、急な仕事でキャンセルになったので、何十年かぶりに

母親と観てきました。あまりにもおもしろく、かっこよかったので、興奮ぎみに奥様に

話しをすると、『やっぱり私も見たい!』となり、2回目にを見ました。

内容はわかっていましたが、それでもおもしろく、かっこよかったです♪

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回のテーマは『固定資産税』についてです。

これからマイホームを購入される方には必ずかかわってくることなので知っておいて

も損はありませんのでご説明いたします。

 

土地や建物を所有している人に毎年課される地方税が、固定資産税です。

一般的に、木造住宅である一戸建てより、鉄筋コンクリート造のマンションの方が

より耐用年数が長いと考えられているため、マンションの減価償却期間が47年で

あるのに対して、一戸建ての場合は22年に設定されています。

耐用年数が長いということは、固定資産税を払う期間も長いということ。

加えて、土地の持ち分が少ない分、マンションでは評価額に占める建物の割合が

より多くなります。一戸建ての場合は22年経てば建物の価値はほぼなくなり、土地

のみに課税されるのに対し、マンションの場合は、47年間は、建物に対する固定資産

税を払い続ける必要があるのです。

 

いくらかかるかは、場所、建物等によって変わってきますので一概には言えませんので、

詳しく知りたい場合は、草野工務店の担当営業にお尋ねください。

では、また!

 

yjimage

合わせて読みたいオススメの記事

コロナ禍でもマイホームを「今、あえて買う」理由

2021.05.08

コロナ禍でもマイホームを「今、あえて買う」理由

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    最近見かけたニュースをご紹介します。コロナ禍でも、新築分譲マ…...

深刻な木材不足が引き起こす住宅問題

2021.05.06

深刻な木材不足が引き起こす住宅問題

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     現在、深刻な木材不足が問題となっています。 アメリ…...

2021年5月 フラット35金利のご案内

2021.05.03

2021年5月 フラット35金利のご案内

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    2021年5月のフラット35金利は、20年以下が1.03%、21年以上が1.16%…...

物件探しの前に街選びを楽しみましょう

2021.05.02

物件探しの前に街選びを楽しみましょう

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    多くの方にとって家を買うというのは人生で何度も発生するライフ…...

不動産購入前に知っておきたい、子育てに必要な教育費等について

2021.04.27

不動産購入前に知っておきたい、子育てに必要な教育費等について

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    今春以降、子育てに関わる税制や手当が相次ぎ変更される予定です…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る