私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

土地の広さが当てにならない?

2018年02月03日

「公簿売買」と「実測売買」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

戸建てや土地の契約書に書かれていることがあります。

「公簿売買」とは、公簿(=登記簿)の地積の記載を信用して行う取引を行うという契約です。

一方、「実測売買」とは、実際に測量を行い、明確な地積で取引を行うという契約になります。

ここで、『登記簿に記載された地籍も測量したものではないの?』という素朴な疑問が湧いてきます。

実は、登記簿に記載された地積は、信頼性が高くないケースもあります。

古い時代に測量された土地は、そもそも測量技術が不確かなケースや、測量自体が行われていないケースもあります。

先日、取引をお手伝いさせていただいたケースでは、測量した結果、40㎡も土地が広いことがわかりました。

これが公簿売買だったら、買主さんはとても得する話でした。

しかし、残念ながら今回は実測売買でしたので、増えた地積の分、売買価格を多く支払うことになってしまいました。

今回は実測の結果、面積が増えたケースでしたが、逆に面積が減ってしまうケースもあります。

面積が減った場合、売買価格も下がりますが、建てられる建物の広さも減ってしまうことも考えられますので、一長一短です。

購入を検討する土地について、地積の正確性を判断する方法は、法務局で「地積測量図」を取得してみることです。

地積測量図には、いつ測量されたかが記載されています。

測量日が昭和の場合には、やや注意が必要ですね。

正確な取引をする場合には、実測売買が良いと思いますが、測量の手間や費用の負担が増えますので、一概にはどちらが良いとは言えません。

購入を検討する土地がある場合には、登記簿や公図、地積測量図を良く調べて、正確な情報を確認してから購入するようにしましょう。

合わせて読みたいオススメの記事

令和元年版消費者白書をご存知ですか?!出来れば避けたい不動産トラブル事情・・・

2019.08.26

令和元年版消費者白書をご存知ですか?!出来れば避けたい不動産トラブル事情・・・

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   本日は少し不動産購入とは違うテーマかもしれませんが、情報をお届け出…...

断熱性に優れている家

2019.08.12

断熱性に優れている家

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   断熱材が日本で使われだしたのは今から40年ぐらい前の1970年ぐらいだそ…...

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

2019.08.08

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産屋と聞いて、あまり良くないイメージを持つ方も少なくないのではないで…...

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

2019.08.08

不動産のプロフェッショナル ~宅地建物取引士資格試験~

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  不動産適正取引推進機構が「令和元年度 宅地建物取引士資格試験」のインター…...

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

2019.08.07

住宅ローン|銀行、保証会社、不動産業者の関係

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  銀行ローンの折衝というのは、微妙で複雑な関係の中で行われます。直接的には…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る