私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

家の保証について

2015年12月06日

みなさんこんにちは、橋本です。

日増しに寒くなってきましたね。体調管理にはくれぐれも気をつけたいところですが、

私は来る冬本番に備えて、まだコートを着ずに先週買ったカーディガンで

寒さを耐え忍んでいる今日この頃です。

 

さて、お客様に物件をご案内する際によく聞かれるのが、

「もし、家を販売してくれた会社さんが倒産したら、建物の保証はなくなるの?」

という質問です。

その答えはこうなります。

 

分譲マンションや建売住宅の売主、注文住宅の請負人は、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)

に基づき、引渡しの日から最低10年間にわたり瑕疵担保責任を負わなければならないことになっています。

住宅に隠れた瑕疵(欠陥や不具合など)があったとき、この期間中であれば売主または請負人に対して

無償修繕や損害賠償の請求をすることができます。

しかし、10年間のうちに倒産などすればその責任が果たされないことになりかねません。

そこで、平成21年10月に施行された「住宅瑕疵担保履行法」では、新築住宅の売主や請負人に、

保険または供託による資力確保措置を義務付けました。

れによって万一の場合でも、買主や注文者が保護される仕組みとなっています。

ただし、これらの法律が対象としている瑕疵は「構造耐力上主要な部分(基礎、柱、外壁、屋根など)

および「雨水の浸入を防止する部分」に限られます。

その他の箇所における瑕疵については、宅地建物取引業法の規定で引渡しの日から最低2年間

責任を負うことが求められています。

実際にどのような定めになっているのか、売買契約書や請負契約書の中身を事前にしっかりと

確認すること欠かせません。

column27

こういった法律ができたことにより、安心して家を購入していただける時代になってきました。

お客様に少しでも安心して家を購入していただけるよう、私も日々勉強していきたいと思います。

 

 

合わせて読みたいオススメの記事

これからの家づくりは「職住融合」も視野に入れて!

2020.05.31

これからの家づくりは「職住融合」も視野に入れて!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。      〇最近、職住融合という考え方が広がりつつあります…...

知っておきたい 不動産売却の基礎知識②

2020.05.29

知っておきたい 不動産売却の基礎知識②

今日の基礎知識は不動産会社の選び方についてです。良い不動産屋の選びかたから避けるべき不動産屋の特徴や査定額の根拠などをわかりやすくご紹介します!     ~人生に愛すべき住ま…...

ウィンドートリートメントの種類

2020.05.25

ウィンドートリートメントの種類

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     インテリア業界では、窓周りにつけるカーテンやシェード、…...

「ライフサイクルコスト」から考えるZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅とは?!

2020.05.24

「ライフサイクルコスト」から考えるZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅とは?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     〇今、望むことが出来る最高峰の省エネ住宅をご存じですか…...

知っておきたい 不動産売却の基礎知識

2020.05.24

知っておきたい 不動産売却の基礎知識

今日から売却をされる方のための不動産売却に関するさまざまな情報を掲載していきます。(全6回) 「自分の家を持ちたい…」というのは多くの方々の切実な願いですが、この頃は、家族構成の変化や、お子様が独立…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る