私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

家庭にも、不動産にも人工知能の時代に?

2018年01月23日

去年あたりからにGoogle Home(グーグルホーム)というAI(人工知能)スピーカーが日本で発売され、続いてAmazon Echo(アマゾンエコー)が発売されました。ところがAmazon Echo(アマゾンエコー)の招待が届かず、困る場合があります。

※Google Home(グーグルホーム)・Amazon Echo(アマゾンエコー)とも、家庭用の音声アシスタントデバイスです。

Google Home(グーグルホーム)は、Google社が開発を進めている対話型のAI(人工知能)である「Googleアシスタント」搭載しています。これは、機械学習や人工知能、自然言語解析などの機能を含む音声アシスタントサービスです。

Googleアシスタントは、使う人との会話を繰り返すなかで機械が学習しユーザーの行動などを理解するようになり、だんだんと先回りして求められるような作動をするようになります。

 

この機能により、家庭内のいろいろな管理のほか、音楽の再生や、家電製品を声で操作可能になるのです。また、Google Homeに質問をすると、Google検索結果から回答してくることもできます。Amazon Echoも同様なシステムです。

AIとは artificial intelligenceの頭文字で、コンピュータなどで人間のような知能を実現する試み、またはそのための基礎技術全般を指します。

1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシー氏によりAIという言葉ができ、今や記号処理を用いる記述での情報処理や、研究上のアプローチという意味でも使われています。2016年から2017年にかけては、囲碁や将棋のトップ棋士を破り、ディープラーニングと呼ばれる、時代の最先端技術です。
不動産分野でもAIを利用したサービスが始まりつつあります。

Google HomeやAmazon Echoを皮切りにして、さらに便利になっていくことが予想されます。ですから、このようなツールも日常生活から取り入れていくといいですね。

合わせて読みたいオススメの記事

2020 年8月度の不動産相場

2020.09.21

2020 年8月度の不動産相場

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から…...

ディスポーザーの交換時期は?

2020.09.20

ディスポーザーの交換時期は?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。      今回は、特に固い繊維質のものや、フォークなど硬い…...

「木造瓦葺」と「木造かわらぶき」の違い

2020.09.19

「木造瓦葺」と「木造かわらぶき」の違い

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。      不動産の登記記録(登記簿)を見ていた際に、ある建…...

買った建物が地震で壊れた場合はどうなるのでしょうか?

2020.09.18

買った建物が地震で壊れた場合はどうなるのでしょうか?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    今回は危険負担についてお話しします。 Q:AさんとBさんとの…...

8月28日からの不動産重要事項説明において水害リスクの説明義務化

2020.09.17

8月28日からの不動産重要事項説明において水害リスクの説明義務化

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   国土交通省は8月28日から、住宅購入や賃貸などの契約前に水害リスクを説…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る