私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

引渡し前の確認について

2016年07月09日

 

売買契約を済ませ、住宅ローンの手続きも無事に終わり、あとは売主様に残金をお支払いしていよいよ自分のものになるという最終段階で、引渡し前の「現地確認」というものがあります。

 先日、その不動産引渡し前の現地確認に行った際のことキッチンの水を流してみると、シンクの下にあるディスポーザーのところから水が漏っていることがその時になって初めて判明しました。

不具合があれば、売主様による「物件状況の確認書(報告書)」あるいは「設備表」といった書面で売買契約時に告知されることが一般的です。

今回は、売主様は賃貸に出されていたため居住されておらず、悪意なくこの状況を知りませんでした。「設備表」にも不具合「無」とあり、「物件状況の確認書」にも特段記載されていなかったため、売主様側に修復していただきました。

(※最初からここには不具合「有」と告知されているような事項は、故障・不具合があったとしてもその修復義務は売主様にないので注意が必要)

 

一般的にこの状況が引き渡し後に発覚した場合は、主要設備の不具合については引渡完了日から7日以内、給排水管の故障等は3か月以内に請求を受けた場合に限り売主は責任を負うという契約内容のものが多いです。

(※もちろん、売買契約の内容によっては個々に違いますので、自分の契約の内容は確認しておく必要があります。)

 

今回のケースは引渡し前に確認をしたので、あまり問題にならなかったのですが、上記のような「7日以内の請求に限り」売主は責任を負うという内容の場合は、期限が定められているので注意が必要です。

 

引渡しを受けてからお引越・ご入居まで7日以上空いているお客様は、引渡し後早々に設備の点検をされることをお勧めします。(特に水回りの設備は要チェックです。)

 

合わせて読みたいオススメの記事

所有者不明土地の先進的な取り組み

2020.10.25

所有者不明土地の先進的な取り組み

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   顕在化する所有者不明土地問題 不動産関係で大きな問題となってい…...

コロナ禍でマイナス金利は長期化へ このタイミングでの住宅ローンの考え方について

2020.10.24

コロナ禍でマイナス金利は長期化へ このタイミングでの住宅ローンの考え方について

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    ■コロナ禍の住宅ローン金利の動向について 現在、コロナ禍で…...

検査済証!?

2020.10.23

検査済証!?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   検査済証とは 建築基準法で定められた「建築確認、中間検査、完了…...

住宅ローン控除(減税) 最大の勘違い

2020.10.22

住宅ローン控除(減税) 最大の勘違い

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     確定申告の時期になると、「4500万円のローンを組んだのに…...

増え続ける空き家問題~2つの空き家問題

2020.10.19

増え続ける空き家問題~2つの空き家問題

 さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。弊社はNPO法人空地・空家管理センターに加入しています。近年、空き家が多くなる…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る