私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

日銀発表―財布・タンス預金「減った」39%―から不動産を考える

2016年02月12日

昨年末に日銀が個人の懐事情に関して、初めて実施したアンケートの結果が出ました。
財布の中身とタンス預金の合計額は、前年より「減った」の回答が39.7%でした。「増えた」の回答は
8.5%で、減少していることが把握できます。実は、現金の残高は前年比6%以上増えているため、日銀 はその背景を探るため調査を行なったようです。結果から考えると、一部の富裕層が現金を抱え込んでいるもようです。

詳細については下記アドレスより15ページをご覧ください。

http://www.boj.or.jp/research/o_survey/ishiki1601.pdf

黒田バズーカ第3弾のマイナス金利政策は、世界的規模で混乱を生じていますが、

今住宅ローンを組めば、かなり低金利なので、お得な買い物ができることでしょう。

債券市場では、長期金利の指標になる、新発10年物国債の利回りが初のマイナス状態になり、過去最低
水準を大幅に更新しました。(住宅ローンの金利が、この日本国債10年物利回りに連動しているので
す。)

▼ブルームバーグ 日本国債10年物利回りチャート

( http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=GJGB10%3AIND )


現在は多くの物件が集まっている時期です。財布・タンス預金から、不動産へと資産形成を考えるよい
タイミングかもしれません。

合わせて読みたいオススメの記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

2019.10.18

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事…...

2019 年9月度の不動産相場

2019.10.17

2019 年9月度の不動産相場

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月…...

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

2019.10.16

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃…...

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

2019.10.15

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。     近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思…...

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

2019.10.14

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

 さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイ…...

アーカイブ

カテゴリー


ページの先頭へ戻る