私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

空き家問題を考える③

2015年03月21日

こんにちは、草野です。

さて、前回は空き家が増える要因につてお話ししましたが、今回は自治体の対策についてです。

空き家問題に対し、最初に制定された条例が2010年に所沢市が施行した「所沢市空き家等の適正管理に関する条例」です。

この条例以前は担当部署が明確でないこと、所有者への指導に法的根拠がないことがネックとなり、行政として苦情に打つ手がないという状況が続いていました。

しかし、所沢市では危機管理課防犯対策室を担当とし、条例を制定することで、勧告に従わない場合には氏名を公表、最終的には警察等に依頼、撤去も行えるという、対処の方等を示したのです。

その結果、所沢市ではそれまで年間数件程度だった自主的な空き家の撤去が10件以上に増加し、条例制定に効果があることが証明されました。

この条例がきっかけとなり、全国で空き家対策条例の制定が相次いだ。現在の全国の1700余市町村のうち、単独の空き家条例があるのは200近く、そのうちの40ほどがここ2年半ほどで制定されており、北は北海道滝川市から南は鹿児島県鹿屋市まで、首都圏では埼玉県ふじみ野市、同川島町、上里町、千葉県松戸市、柏市、流山市、市川市などなど、条例制定ラッシュと言えるほどです。

次回は条例の中でも注目すべき条例のお話しです。

合わせて読みたいオススメの記事

床上浸水した時の対処法

2020.02.18

床上浸水した時の対処法

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    今年は冬にも関わらず温かい日が続き久々にスキーの計画も立てま…...

第一種低層住居専用地域に病院・店舗を作れる時代へ 規制緩和により、高齢者に配慮した暮らしが実現する?!

2020.02.17

第一種低層住居専用地域に病院・店舗を作れる時代へ 規制緩和により、高齢者に配慮した暮らしが実現する?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   ■第一種低層住居専用地域に病院・店舗を作れる時代になる?!国土交通省…...

南海トラフ地震発生時の津波確率をご存知ですか?!「3メートル以上」の津波が発生する自治体はいくつある?!

2020.02.16

南海トラフ地震発生時の津波確率をご存知ですか?!「3メートル以上」の津波が発生する自治体はいくつある?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   ■南海トラフ地震発生時の津波確率をご存知ですか?!政府の地震調査委員…...

キッチンのレイアウト!?

2020.02.15

キッチンのレイアウト!?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   ショールームに行くといくつものキッチンが実際に並んでいます。サイズ…...

昨年の台風19号の影響から注目される『立地適正化計画』?!

2020.02.14

昨年の台風19号の影響から注目される『立地適正化計画』?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   昨年の台風19号が通過した後はJR武蔵小杉駅周辺(川崎市)の道路は軒並…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る