私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

空き家問題を考える⑤

2015年04月04日

こんにちは、草野です。

空家を有効に使う手はないか?撤去以外の対策も模索されています。

空家の状況によっては、撤去するだけが空家対策ではないわけです。

新たに居住者を見つける方法もあるだろうと、2005年以降相次いで設立されたのが空家バンクです。

2010年の地域活性化センターの調査によると、市町村のうちの54.4%、都道府県の25.7%が開設しており、特に人口減少が著しい過疎地での開設が目立します。

しかし、残念ながら実績は低迷しており、開設以来成約が1件もない自治体が26.9%にも及ぶほどです。

つまり、空家バンクを作ったくらいでは問題は解消されないのが実情なのです。

では、どうすればよいのでしょうか。

比較的成功している島根県雲南市では、物件情報収集から定住後の相談までをワンストップで提供する定住推進員と呼ばれる専門担当の配備、空家改修費用の一部負担など、他自治体で行われていない取り組みがあり、これが成功の要因。島根県では江津市でも同様の施策で行われており、定住者も多いです。

本気で空家問題に取り組むなら、情報プラスアルファが必要ということだ。

空家活用については東京都世田谷区が実際に試みた対策に注目してみましょう。

世田谷区空家等地域貢献活用相談窓口の開設しました。

空家を地域の財産として活用していこうというもので、窓口開設と合わせて、世田谷らしい空家等の地域貢献活用モデル事業も募集しました。

一昨年度の第1回の募集では幸先の良いスタートを切ったかに見えましたが、昨年度の第2回の募集では応募が1件だったこともあり、まだまだ改善の必要はあるようです。

合わせて読みたいオススメの記事

<コロナ禍の住宅購入> 住宅購入前に「家計費の見直し」を検討する?!

2021.01.20

<コロナ禍の住宅購入> 住宅購入前に「家計費の見直し」を検討する?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    ■住宅購入前に、家計費の見直しは「固定費」の節約がポイント?!…...

日経新聞の記事で右往左往する不動産業界

2021.01.19

日経新聞の記事で右往左往する不動産業界

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    10月5日の日経新聞朝刊に住宅ローンに関する記事が掲載されました…...

グリーン住宅ポイント制度

2021.01.18

グリーン住宅ポイント制度

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため…...

コロナ禍で住宅ローン減税の延長はいつもと違う?!

2021.01.17

コロナ禍で住宅ローン減税の延長はいつもと違う?!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    ■2021年度の住宅ローン減税の延長されるのか?! 財務省・国…...

出来れば避けたい、ご近所トラブル!!

2021.01.16

出来れば避けたい、ご近所トラブル!!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   賃貸でも購入でも避けたいのは、ご近所トラブルだと思います。 私…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る