私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

住まいのコラム

自宅には収納スペースが不足している?!

2016年12月03日

11月10日にLIXIL住宅研究所が発表した、全国の既婚女性500名を対象とした身の回りに関する調査から。
89.0%が自宅にある物を整理・廃棄してスッキリしたいと回答するものの、
86.1%が「十分なスペースがない」と回答。
どうやら家の広さが生活スタイルに合っていない様子です。

夫の所持品は増やしてほしくないが98.5%だそうです。
世の中のお父さんは大変なようです。(それだけ無駄なものを集めてしまうかもしれませんが…)
既婚女性の身の回りの整理、「十分なスペースはない」86.1% LIXIL調べ
http://www.s-housing.jp/archives/96869

LIXIL住宅研究所 発表データ
https://www.lixil-jk.co.jp/pdf/161110re.pdf
家を買う上では、家族に必要なスペースを考慮することが大切です。
しかし、都市部での住宅購入となると、あまり贅沢を言ってられないのも事実。
快適な生活と住宅の資産性は相反する要素のようです。
どれだけ資産性が高い住宅だったとしても、50m2・2LDKに6人家族は無理がありますし、
資産性を度外視して、収納のためだけに郊外の家を選ぶのはもってのほかです。
「モノが多い」「片づけられない」は得てして広さだけが問題ではなく、性格によるものが大きいとする意見もあります。
モノが多いからと言って収納スペースたっぷりの住宅を選んだとしても、その住宅の許容量を超える物を集めてしまうと元も子もありません。
得てして余力があるほど、モノを集めてしまいがちです。

片づけや収納に関する書籍がたくさん出版されていることから、確かに日本の住宅は狭いのでしょう。
だからと言って「モノが多い」「片づけられない」の解決策を「広いスペースを確保する」としてしまうとお金がかかり過ぎます。
ちょうど年末、大掃除の時期です。
まずはお金のかからない「断捨離」から、生活スタイルを見直してみるのはいかがでしょうか。

合わせて読みたいオススメの記事

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

2021.10.24

保有不動産の資産価値を使い切る活用法

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    住宅金融支援機構が提供する、60歳以上を対象にした住宅融資保険付きリバー…...

納得できる土地選びのポイント1

2021.10.23

納得できる土地選びのポイント1

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    土地を買って家を建てるパターンや建築条件付き宅地を買うパターンでは、土…...

2021年住みやすい街ランキング

2021.10.22

2021年住みやすい街ランキング

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。   今回は、いろいろなランキングがある中で住みやすい街ランキングを調べました。い…...

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

2021.10.21

あなたは財政破綻が懸念される街に家を買いますか?

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。               今年9…...

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

2021.10.19

「終の棲家」という考えは不動産購入時に不要?!

さいたま市での不動産の売却・購入から居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。    コロナ禍となり、賃貸から購入を検討されている方も増えていると思います。…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る