私たちは、さいたま市南区・浦和区・緑区地域の住まいのプロフェッショナルです

スタッフブログ

軽量鉄鋼の家は地震に弱い!?

2017年05月25日

こんにちは。くさの工務店です。

最近お問合せで、軽量鉄骨の家の耐震基準適合証明書は取れるのか?というご質問が増えています。

軽量鉄骨造とは、プレハブ工法といいあらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法のことです。

使用する建材や、設置に要する時間的なロスを徹底的に軽減できることがメリットであり、規格化され融通が利かない構造や、耐久性の低さがデメリットの工法です。

もし耐震基準適合証明書が必要な場合は、築後年数要件は木造住宅と同じ築20年以内となります。

ただし、耐震改修工事を行うにはかなり難しい住宅になります。

軽量鉄骨造の物件を検討している場合は耐震基準適合証明書は発行できるかをよく調べて見て下さい。

戸建てには、在来工法 (木造軸組工法)、ツーバイフォー工法 (木造枠組壁工法)、プレハブ工法(軽量鉄骨造)、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造(RC 造)と

さまざまな工法があります。

この中で耐震基準適合証明書がとりやすいのは木造軸組工法です。

それは、木造住宅は悪くなった所だけ新しい部材に交換できるからです。

築年数が経っていても耐震調査を行い耐震改修工事が出来れば、耐震基準適合証明書も発行できる家になります。

ただ、木造住宅でもスキップフロアがあったり、1階と2階の工法が違う混構造の場合は耐震基準適合証明書の発行は難しくなりますので注意が必要です。

皆様も戸建ての家を探す際には、間取りと同じくらい築年と工法も気にして探して頂ければ住宅ローン減税もつかえるお住まい探しができると思います。

気になる物件がありましたらぜひ、くさの工務店までご相談ください。

合わせて読みたいオススメの記事

家を買う理由とは?住宅市場動向調査から読み解く、「買い時」と「決断方法」

2019.05.21

家を買う理由とは?住宅市場動向調査から読み解く、「買い時」と「決断方法」

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  先日、国土交通省は「平成30年度住宅市場動向調査」を発表しました。https://w…...

お預かりした物件、お庭のお手入れお客様の為に頑張ります!

2019.05.20

お預かりした物件、お庭のお手入れお客様の為に頑張ります!

  今回は、実際にお客様に購入して頂いた物件のお庭のビフォーアフターの写真です♪  元気にすくすくと育った、雑草君たち!  そんな雑草君たちがたくさんいた、お庭と玄関前を「くさの工務店」であれば  物…...

止まらない人口減少

2019.05.20

止まらない人口減少

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。先日総務省がまとめた人口推計の記事が出ていました。総人口1億2644万3000人、減少率0.21% …...

親の土地に家建てる時は税金がかかるの?

2019.05.19

親の土地に家建てる時は税金がかかるの?

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。  家を建てるとき、自分の親または配偶者の親が所有している土地を使うことがで…...

自宅マンションの売却価格(販売履歴など)を一瞬で判定?!ぜひ、14万棟以上の全国マンションデータベースをご覧下さい!

2019.05.18

自宅マンションの売却価格(販売履歴など)を一瞬で判定?!ぜひ、14万棟以上の全国マンションデータベースをご覧下さい!

さいたま市南区、緑区、浦和区での土地探しから、居住後のアフターケア・リフォームまでワンストップのくさの工務店です。自宅マンションの売却価格(販売履歴など)を一瞬で判定?!ぜひ、14万棟以上の全国マンシ…...

アーカイブ


ページの先頭へ戻る